行ってよかった大分県の穴場観光スポット。温泉だけじゃない、県民も知らない観光スポットまとめました。

大分観光の穴場スポット 大分
この記事は約9分で読めます。
期間限定クーポン
旅行予約サイトの期間限定クーポンこちら

この記事では「実際に行ってよかった大分県の”穴場”観光スポット」を紹介します。

大分県」と言えば「別府温泉」や「湯布院温泉」などの温泉がとても有名ですが、温泉以外にも魅力的な観光スポットがたくさんあるんです。

「温泉」だけじゃないのか⁉

特に「絶景を楽しめる自然豊かな観光スポット」が魅力的で、大分県出身の私でさえも知らなかった場所がたくさんあり「大分県にはこんなに素敵な場所があったのか!」と驚きました。

では、紹介していきます。

記事内に広告が含まれています。

[PR] 広告です。聴き放題プランもあります。

大分観光の穴場スポット

1.黄牛の滝〔竹田市〕

黄牛の滝

黄牛あめうしの滝」は、竹田市にある滝です。大分県民でもなかなか知らない穴場の場所です。のどかな田園風景から歩いて10分。神秘的な滝までの道のりが心を癒してくれます。まるでファンタジーの世界に迷い込んだような雰囲気で、最後には迫力のある滝が待っています。

この滝は事前情報が無いとたどり着けない場所です。たまたま見つけられるという場所になく、駐車場から歩いている間も本当に滝があるのかと疑わしくなるほどです。ただそのおかげで滝に着いた時の感動は大きいものになります。駐車場から10分なのですが秘境に来たような気分です。

2.進撃の巨人像〔大山町〕

進撃の巨人像

進撃の巨人像」は、日田市に2020年に完成した新観光スポットです。「進撃の巨人」とは、「別冊少年マガジン(講談社)」で連載していた(2021年4月まで)の漫画で、なぜ大分県日田市に銅像が建てられたかと言うと、原作者である「諌山先生」の故郷だからなんです。

この銅像の面白いところが「大山ダム」を向くように建てられていることです。これは作中に出てくる「人間を巨人から守る壁”ウォールマリア”」に見たてているんです。つまりあのダムの上から巨人の顔が。。。ダムを目の前にすると、主人公たちと同じ「絶望」を味わえます。

3.福貴野の滝〔安心院町〕

福貴野の滝

福貴野の滝」は、宇佐市安心院町の滝です。落差の大きい滝が魅力的で、周りの風景も含めその迫力に驚きます。そして、行ってほしい季節は「秋」。展望台も滝も紅葉に囲まれる姿には目を奪われます。

「福貴野の滝」の見どころ

展望台までの道のりは、本当にここに滝があるのかと疑わしくなります。「福貴野の滝展望台」と書かれた展望台を見逃さない様にお気を付けください。大分県民でも「こんな場所があったのか!」と驚きました。意外にも湯布院の町から車で20分くらいなのも嬉しいです。

4.猿飛千壺峡〔山国町〕

猿飛千壺峡

猿飛千壺峡」は、中津市山国町にある観光スポットです。紅葉の有名な「一目八景」から車で30分の場所にあります。甌穴群は天然記念物にも指定されていて、他ではなかなか見られない光景を楽しめます。甌穴群に沿って遊歩道を歩くのがとても気持ちがいいです。

遊歩道を歩いていくと甌穴群に流れる川の水がとても綺麗で驚きます。遊歩道の先には昭和3年に造られた「念仏橋」や秘境の様な渓谷を観られる「魔林峡」もあり、凄く穏やかな気持ちになれます。あまり人も多くないので、のんびり自然を楽しみた人におすすめです。私はこういう静かな場所が好きです。

5.旧豊後森機関庫〔玖珠町〕

旧豊後森機関庫

旧豊後森機関庫」は、玖珠町にある九州唯一の現存する扇形機関庫で、近代化産業遺産の1つです。1934年(昭和9年)に久大線前線開通と同時に完成したそうです。そして1970年(昭和45年)の鉄道ディーゼル化により蒸気機関車が走らなくなり廃止されたんだそうです…

現在は「豊後森機関庫公園」として、機関庫と蒸気機関車を間近で見れる観光スポットになっています。実際に動いているところを見てみたかったですが、機関庫の前の蒸気機関車は今にも動き出しそうな雰囲気でした。

6.粟嶋社〔豊後高田市〕

粟嶋社

粟嶋社」は、豊後高田市にある縁結ぶの神様「少彦名命(スクナヒコナノミコト)」を祀る神社です。縁結びのモニュメントがを過ぎ、海の方へ歩いて行くと鳥居があり、そこを進むと粟嶋社が見えてきます。海のすぐそばに建つ神社で、この「粟嶋社」には「願い石」と呼ばれる石があります。

この「願い石」に願いを込めて、干潮時にのみ現れる「岩」の穴に投げ入れると、願いが叶うと言われています。宮崎にある「鵜戸神宮」と似ています。ぜひチャレンジしてみてください!

7.やまなみ牧場〔九重町〕

やまなみ牧場 カモの池

やまなみ牧場は、九重町にある観光牧場です。大分のドライブスポット「やまなみハイウェイ」沿いにあります。牧場内に入ると九重のくじゅう連山に囲まれた自然豊かな場所で、その景色に圧倒されます。晴れた日の綺麗さは素晴らしいものがあります。

やまなみ牧場では「牧羊犬とカモさんショー」だったり、子羊たちのレース「まきばのレース」などを楽しむことができるのも魅力です。子供は1日楽しめる気がします。。。いや大人も楽しめます。子羊たちのレースは大人でもテンションあがり夢中になりました。

8.蛇越展望所〔湯布院町〕

蛇越展望所

蛇越展望所」は、由布市湯布院町にある展望所です。大分県から熊本の阿蘇に続いている「やまなみハイウェイ」沿いにある展望所で、ここからは由布岳を含む「湯布院の街」を一望できます。

個人的に湯布院の街は「湯の坪街道」のイメージが強く、由布岳以外の山のイメージはなかったのですが、この場所から見ると湯布院の街が山に囲まれているのがよく分かります。山に囲まれているというより山にあるのだなと、湯布院のイメージが変わりました。

9.桜滝〔天瀬町〕

桜滝

桜滝」は、日田市天瀬町の天ケ瀬温泉にある滝です。天ケ瀬の温泉街から歩いて行ける滝で、幅の広い真っすぐに落ちる滝が美しいです。滝の飛沫が「桜の花」の様に見えることから「桜滝」と呼ばれているそうです。

天ケ瀬駅前の駐車場から5分ほどの場所にあるとは思えないほどに、迫力のある滝です。水量は多くないのですが、崖の圧迫感をもの凄く感じます。

10.宇佐のマチュピチュ〔宇佐市〕

宇佐のマチュピチュ

宇佐のマチュピチュ」は、宇佐市院内町にある新観光スポットです。院内町の西椎屋の景色が、ペルーにある「マチュピチュ」に似ていることからこの名前が付いたそうです。なぜ新観光スポットなのかというと、新しく展望所が作られたかなんです。駐車場もあるので気軽に立ち寄れるようになりました。

展望所には本家?の「マチュピチュ」の写真も飾られています。それと比較すると、似ているというか、それぞれ良さがあるというか、確かに尖った山の部分は少し似ています。それよりも、あまりこの様な景色をまじまじと見ることがなかったのですが、斜面に造られた棚田や民家がとても魅力的だと感じました。

11.由布川峡谷〔挾間町〕

由布川峡谷

由布川峡谷」は、大分県由布市挾間町にある観光スポットです。約60万年前から長い年月をかけて造られた峡谷で、峡谷の間から差し込む光が幻想的な景色を創り上げています。

峡谷内はとてもひんやりしているので、暑いときはずっとここにいたくなります。川を渡って上流や下流に行く事もできるので、夏にぴったりの観光スポットです。濡れても良い服装必須です。

《目的別》大分県の宿泊エリア&ホテル/温泉旅館

大分旅行の目的別に、おすすめの宿泊エリアとホテル/温泉旅館をまとめてみました!

温泉だけじゃなく自然を楽しめるロッジやコテージ、グランピングもあります!旅行の目的に合わせて泊まるエリアやホテルを選ぶのも良いと思います!

まとめ

実際に行ってよかった「大分県の”穴場”観光スポット」を紹介しました。

大分と言えば「温泉」も魅力的ですが、他にも魅力的な観光スポットがたくさんあります。特に自然豊かな土地なので、神秘的な「滝」や「くじゅう」の壮大な景色など、自然の絶景を楽しめるのが魅力です。

良い旅を!

大分県で体験できるアクティビティもおすすめ!

大分県で体験できるアクティビティも一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか!「アソビュー!」ならWebで予約もできるので気軽にアクティビティを体験できます!

アソビュー