日本最古の大社造!国宝『神魂神社』には絶対行くべき!出雲大社から車で1時間!

神魂神社アイキャッチ画像島根
この記事は約3分で読めます。

皆さん!

この記事では、島根県松江市の『神魂神社』を紹介します!

  • 出雲大社にお参りに行く!
  • 出雲大社の次に行く神社を探している!

という方に、おすすめです!

では!
紹介していきます!

旅行日付は2020年10月13日です。この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。訪れる際にはご注意ください。

神魂神社とは?

神魂神社

神魂神社』とは、島根県松江市にあって、御本殿が国宝に指定されている神社です!

名称神魂神社(読み方:かもすじんじゃ)
住所〒690-0033 島根県松江市大庭町563
料金無料
駐車場[無料] 約15台
所要時間約15分

本殿には階段を登って行く!

御本殿には駐車場から階段を登って行きます!
この階段がもう既に神聖な雰囲気が漂っていて、空気が違います!

階段は、かなり立派な石積みの階段です!
結構登るのが大変なので、足元にお気を付けください!

御本殿までの道は大きく綺麗な木に囲まれていて、神社が隠れる様に建てられています!
この階段を登ると、見えてくるのが御本殿です!

御本殿

階段を登ると目の前に御本殿が現れます!※写真は観光公式サイトを参照ください

どうでしょうか!この御本殿!
出雲大社と同じ大社造(たいしゃづくり)です!

室町時代に創建!

この御本殿は、なんと室町時代の初期、1364年に建立されたそうです!

あの「足利尊氏」の時代です!かなり昔です!

織田信長」が生まれたのが1534年なので、それより200年程も昔です!
そんな昔の建物が目の前にあると思うと、感動しますね!

国宝に指定!

「神魂神社」は、昭和27年に『最古の大社造』として、”国宝”に指定されています!
そりゃ室町時代の建物となったら貴重ですよね!

しかも、行ってみたらわかるのですが、山の中に切り拓かれた場所に建てられています!

昔の人はどうやって建てたのだろう?
どうやってこの場所を守ってきたのだろう?
約700年前も同じように祈っていたのだろうか…?

目の前にいるとタイムスリップした気持ちになります!
ぜひ実際に行って肌で感じて下さい!

御祭神

『神魂神社』の御祭神は、伊弉冊大神(いざなみのおおかみ)伊弉諾大神(いざなぎのおおかみ)です!

[ 主祭神 ]
  • 伊弉冊大神(いざなみのおおかみ)
  • 伊弉諾大神(いざなぎのおおかみ)

アクセス

松江駅から神魂神社までは、車で15分程で行くことが出来ます!

出雲大社から神魂神社までは、車で1時間程で行くことが出来ます!

駐車場

駐車場は無料で、15台程停められます!

駐車場の目の前に鳥居があって本殿まではすぐで、徒歩1分位です!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

島根県松江市の国宝『神魂神社』を紹介しました!

『神魂神社』の魅力
  • 室町時代(1364年)に創建!
  • 国宝に指定!
  • 森に囲まれた場所にある!

ぜひ行ってみて下さい!

良い旅を!

おすすめな人