現存する九州唯一の扇形機関庫『豊後森機関庫』!歴史を感じる観光地!

豊後森機関庫アイキャッチ画像大分
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

この記事では、大分県玖珠町にある『豊後森機関庫』を紹介します!
『豊後森機関庫』は、国鉄久大線の蒸気機関の格納庫として建てられた扇型機関庫で、近代化産業遺産の1つです!

では!紹介していきます!

旅行日付は2020年6月24日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

豊後森機関庫とは?

豊後森機関庫

『豊後森機関庫』は、大分県玖珠町にある九州唯一の現存する扇形機関庫で、近代化産業遺産の1つです!

名称豊後森機関庫
住所〒879-4403 大分県玖珠郡玖珠町大字帆足242-7
料金無料
※機関ミュージアムは有料(100円)
駐車場町営豊後森駅駐車場
※最初の2時間無料⇒以降1時間毎に100円
所要時間1時間

この『豊後森機関庫』は、1934年(昭和9年)に久大線前線開通と同時に完成しました!そして1970年(昭和45年)の鉄道ディーゼル化により蒸気機関車が走らなくなり廃止されました。

現在は『豊後森機関庫公園』として、機関庫と蒸気機関車を間近で見れる観光地になっています!

スポンサーリンク

豊後森機関庫公園

『豊後森機関庫公園』には、近代化産業遺産である「豊後森機関庫」「蒸気機関車」、そして『豊後森機関庫ミュージアム』があります!

豊後森機関庫

豊後森機関庫

まずは『豊後森機関庫』!
ここには『機関庫』と『蒸気機関車』があります!

実際の蒸気機関車を展示!

蒸気機関車

なんと!実際に使用されてた「蒸気機関車」が展示されています!
この蒸気機関車は、久大線を走っていたわけではないですが、1919年(大正8年)から1974年(昭和49年)まで55年間、長崎本線唐津線で走っていた蒸気機関車です!
廃車になった後は、福岡県志免町の公園に保存されていましたが、2015年(平成27年)から、ここ豊後森機関庫で保存されています!

豊後森機関庫の蒸気機関車

どうでしょうか!この光景!
蒸気機関車と機関庫が揃っていると、当時の光景を見ているようです!

間近で蒸気機関車が観ると、さらにかっこいいですね!電車好きの方にはぜひおすすめです!

九州唯一の現存する扇形機関庫

豊後森機関庫

機関庫は、かつて九州各地にあった扇型機関庫で、現在では九州で唯一ここにだけ現存しています!歴史を感じられる場所です!

後で調べたら、戦争時に米軍によって「機銃掃射」が行われ、その後が現在も残っているそうです。後世まで残すべき遺産です。

転車台

豊後森機関庫 回転台

扇型機関庫の前にあるのは『転車台』です!
この「転車台」、正直初めて見たのですが、一体どういうものなのか?

YouTubeで検索すると、出てきました!
なんと!京都にある『京都鉄道博物館』では、実際に「扇型機関庫」と「転車台」が動く様子を見ることが出来るそうです!

京都鉄道博物館・連絡デッキから見るC62-2転車台回転

こんな感じで使われるんですね!
出来ることなら、ここで実際に動いている様子を見てみたかった!

豊後森機関庫ミュージアム

豊後森機関庫ミュージアム

『豊後森機関庫公園』には、機関庫と蒸気機関車以外にもう1つ見どころがあります!
それがこの『豊後森機関庫ミュージアム』です!

入場料は、たったの『100円』!

機関庫の昔の写真が飾ってある!

豊後森機関庫ミュージアム

「豊後森機関庫ミュージアム」内には、いろいろな展示がされています!
気になったのは、やはり機関庫の昔の写真!当時の写真を見ることが出来ます!

ここには、お土産も置いてあります!

そして、この展示室の奥には、もう1つ部屋があって、ここもまた凄いんです!

なんとJR九州特急の設計図が観れる!

豊後森機関庫ミュージアム

『豊後森機関庫ミュージアム』の奥の部屋には、おもしろいものが置いてあります!

なんと!
JR九州の各特急の設計図などが書かれた本が置いてあるんです!

豊後森機関庫ミュージアム

JR九州の特急の多くは、デザイナーの「水戸岡鋭治さん」が設計されているのですが、各特急列車の設計図であったり、デザイン画などが書かれ本が置いてあります!

電車が好きな方はもちろん、普段電車を利用している人もテンションが上がると思いますよ!

豊後森機関庫ミュージアム

カフェ「玖珠・森のクレヨン」

『豊後森機関庫公園』の入口付近には、カフェ『玖珠・森のクレヨン』があります!

カフェ

ここから入って行きます!
右側に見えるのがカフェ『玖珠・森のクレヨン』です!

カフェ

パンや、ランチやジュースなどを楽しめるようになっています!

かぼすジュース

この時は、時間の関係でランチは食べれなかったんですが、大分名物『かぼすジュース』を頂きました!

カボスジュース

さっぱりさわやかで美味しかったです!

展望所から汽車が観れる!

展望台

カフェの隣には展望所があります!
ここからは、蒸気機関車と久大線の汽車を同時に見ることが出来ます!
歴史を感じられる場所です!

アクセス

福岡の博多駅から「豊後森機関庫」までは、高速で1時間20分!下道で2時間20分!

駐車場

『豊後森機関庫公園』には、駐車場がありません。
なので、JR豊後森駅の隣に町営駐車場があるので、ここがおすすめです!

豊後森駅駐車場

入口で券を取って、出る時に支払う式です!
料金は、最初の2時間無料で、以降1時間毎に100円となっています!

豊後森駅駐車場

ここには50台程停めることが出来ます!

豊後森駅駐車場

この駐車場から、豊後森機関庫公園までは、徒歩5分で行けます!

Photo Gallery

SONY α6000 で撮影した観光地のPhoto Galleryです!
※photoshopで現像済み

▼α6000の記事はこちらから!単焦点レンズや広角レンズの紹介もしてます!

 

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

大分県玖珠町にある『豊後森機関庫』を紹介しました!
『豊後森機関庫』は、昭和9年に完成した機関庫で、現在まで残る九州唯一の扇型機関庫です!

近代化産業遺産にも指定され、歴史を感じられる観光地になっています!

ぜひ行ってみて下さい!

良い旅を!

タイトルとURLをコピーしました