福岡の花の楽園!『能古島』への行き方を解説!

能古島への行き方アイキャッチ画像福岡
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

福岡にある『能古島』をご存じでしょうか?

「能古島」は博多湾に浮かぶ島で、キャンプ場や海水浴場、そして花の楽園『のこのしまアイランドパーク』があります!

でも島って行き方がわからないことが多いですよね?
そこで、この記事では『能古島』への行き方を紹介します!

スポンサーリンク

能古島とは?

『能古島』とは、福岡の博多湾に浮かぶ、自然豊かな島です!
能古島には、キャンプ場や海水浴場の他に、花の楽園『のこのしまアイランドパーク』があります!

のこのしまアイランドパークについては、他の記事を参考にしてください!

スポンサーリンク

能古島への行き方!

能古島へは、姪浜渡船場からフェリーで行くことが出来ます!
フェリー乗り場 [姪浜渡船場] への行き方はいくつかあります!

フェリー乗り場 [姪浜渡船場] への行き方

電車での行き方

電車で行く場合は、地下鉄とバスを乗り継ぐ必要があります。

① 地下鉄博多駅から姪浜駅への行き方

博多駅から姪浜駅までは、約20分程で行けます!
ちなみに姪浜駅は、地下鉄の終点ですが、地上に駅があるので、間違えないように気を付けて下さい!

出発駅到着駅乗車時間料金
地下鉄 博多駅地下鉄 姪浜駅20分300円

② 姪浜駅からバスで姪浜渡船場への行き方

姪浜駅からは、西鉄バスで能古渡船場行のバスで行くことが出来ます!
バスの番号は『98』番です!

番号行先乗車時間料金
98能古島船場行き15分170円

【姪浜北口から能古渡船場行のバスの時刻表 [98番]】
1時間に2本程しかないので、時間にはお気を付けください!

西鉄バスでの行き方

博多駅からの行き方は?

博多駅からバスでの行き方は、博多バスターミナルから出発します!
バスの番号は『302 or 312』番です!
行先は『能古渡船場行き』と書かれています!

ちなみに、場所は「姪浜渡船場」というらしいですが、バス停は「能古渡船場」なので、間違えないようにして下さい!

バスの番号行先乗車時間料金
302 古渡船場行き約40分440円
312能古渡船場行き約40分440円

乗車時間は、Googleで検索すると、40分程と出ますが、土日はおそらくもう少しかかります。
この博多駅から天神を通るルートは、土日は必ずと言っていいほど渋滞しているので、余裕をもって行った方が良いです!

天神からの行き方は?

天神からも同様に『302』のバスで行くことが出来ます!
お勧めのバス停は『天神北』バス停です!

天神を通るバスは、遅れることが多いので、天神の中心部を抜けたバス停で待つと、運が良ければ、1つ前のバスに乗れる可能性があります!

出発バス停到着バス停乗車時間料金
天神北能古渡船場25分380円

車での行き方

博多駅から車での行き方は、「博多駅東」から都市高に乗り、「愛宕」で降りると、20~30分程で行くことが出来ます!

フェリー乗り場の隣には、駐車場があるので大丈夫です!
「347台」収容できるそうです!

フェリーで旅行気分!

能古島フェリー

このフェリーの良い所は、手軽に旅行気分を味わえることです!

能古島行きのフェリーの出発する「姪浜渡船場」は福岡の街からそう遠くはなく、姪浜駅からはバスで15分程の距離にあります。
にもかかわらず自然豊かな能古島へフェリーで行くことで、リゾート地へ旅行をした気分になれます!

日頃の仕事で疲れ、都会の喧騒を忘れたい人!おすすめです!

姪浜渡船場

姪浜渡船場

能古島へと向かうフェリーの出発する姪浜渡船場です!
ここは、待合所兼切符売り場になっていて、ここでフェリーの切符を買います

【能古島行きのフェリーの料金】
  • 大人:230円
  • 小人:120円

時刻表

姪浜・能古島間のフェリーの始発終電は下の表をご覧ください。
かなり朝早くから夜遅くまでしているので、ゆっくり能古島を堪能することが出来ます!

出発地⇒到着地始発終電
姪浜 ⇒ 能古島5:00 (日祝は6:00)22:45 (日祝は21:45)
能古島 ⇒ 姪浜5:15 (日祝は6:15)23:00 (日祝は22:00)

基本的に1時間に1本程の間隔で運行しています。(混む時間帯は30分に1本くらい)

詳細な時刻表は、博多港のHPに載っているので、参考にして下さい。
下記リンクで表示したページの真ん中くらいに「能古・姪浜航路(フェリー)」の時刻表があります。

出発!

姪浜渡船場で、切符を買って、出発までしばらく待ちです。

フェリー乗り場には、かなりの人数が並びます。
待合室で、乗船案内があるので、そこから並び始めます。

能古島フェリー出発

フェリーが来ました!

写真のフェリーは『レインボーのこ』という名前で、定員は260人です!
多くの人がフェリーを待っています。

乗れるのかと少し心配ですよね?
でも能古島には何回も行った事があり、全て土日に行っていますが、人が多く乗れないという事は1度も無かったです。

paypayドームや福岡タワーが海から見える!

能古島フェリー海からの景色

姪浜渡船場を出発すると、すぐに、右手側に「福岡paypayドーム(旧:ヤフオクドーム)」「福岡タワー」が見えてきます!
遠ざかっていく福岡の街を見ていると、旅に出かける気分がどんどん増していきます

能古島が近づいてきた!

能古島フェリー能古島に近づいてきた

能古島までの渡航時間は「10分」です!
たった10分でこの景色です!

フェリーの甲板に出ると、綺麗に能古島が見えてきます。
まるで、東南アジアのリゾート地に来たかのような景色。フェリーで島へ行くのは、それだけでも楽しいです。

ただ、フェリーの甲板に出ると、かなり風が吹いてます(笑)
帽子をかぶっている人や、タオルを首に巻いている人は、飛ばされないようにお気を付けください!

能古島に近づくにつれ、テンションもどんどん上がってきます!

到着!

能古島フェリー到着

到着です!

能古渡船場が見えてきました!
能古渡船場には「フラワーのこ」が停まっています。
「フラワーのこ」は定員200人で、この「レインボーのこ」よりも一回り小さい船です。

もうこの能古渡船場に着いただけで、旅行にでかけ、どこか東南アジアなどの遠くのリゾート地へ来た気分になれます!

能古島に上陸するだけでも満足です!

さらに海水浴や、キャンプ、のこのしまアイランドパークが楽しめるなんて、なんて贅沢なんでしょうか!

のこのしまアイランドパークに行くには?

能古渡船場に着くと、120m程の距離に「渡船場前」というバス停があります。

ここから「アイランドパーク」行きのバスに乗ると、15分程で「のこのしまアイランドパーク」に到着します !

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

福岡市の能古島へは、フェリーで行くことが出来ます!
フェリーまでは、電車・バスで行くことが出来ますが、

“乗り換えたくない人”は、バスで行くことをおすすめします!
“早く行きたい人”は、電車とバスを乗り継いで行くことをおすすめします!

ただ、乗り継ぐ場合は時間が合わないと余計に時間がかかってしまうので、お気を付けください!

乗り換えなく行きたい人バス ( [博多 or 天神] ⇒ 姪浜渡船場)
早く行きたい人電車 ⇒ バス (姪浜駅から姪浜渡船場)

タイトルとURLをコピーしました