有名武将が大集合!豊臣秀吉築城の『名護屋城跡』が熱い!

名護屋城跡アイキャッチ画像佐賀
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

「名護屋城」って聞いたことありますか?

愛知県の徳川家康築城の「名古屋城」ではなく、佐賀県の豊臣秀吉築城『名護屋城』です!
実はこの「名護屋城」、豊臣秀吉が天下を獲った時に、朝鮮出兵の為に築城したお城なんです!

この記事では、あまり有名ではないですが、豊臣秀吉築城で、多くの戦国武将が集まって陣を張った「名護屋城跡」についてご紹介します!

旅行日付は2020年2月24日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

名護屋城とは?

名護屋城跡
▲名護屋城跡の入口

「佐賀県立 名護屋城博物館」の公式HPではこのように説明されています!

・名護屋城は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際して出兵拠点として築かれた城です。
・1592(文禄元)年の開戦から秀吉の死で諸大名が 撤退するまで、7年の間大陸侵攻の拠点となりました。
・城の面積は約17ヘクタールにおよび、当時では大坂城に次ぐ規模を誇りました。
・周囲には130以上に上る諸大名の陣屋が構築され、全国から20万人を超える人々が集ったとされています。
・現在、名護屋城跡と23箇所の陣跡が国の特別史跡に指定されています。

【佐賀県立 名護屋城博物館】 https://saga-museum.jp/nagoya/nagoya-castle/

つまり、豊臣秀吉が朝鮮出兵の為に、全国の諸大名を集めて、日本一丸となって朝鮮を攻めるための拠点として作ったのが『名護屋城』です!

この場所から朝鮮へ出発したんですね!
まさか九州にそんな場所があるなんて。。。最初に知った時はビックリしました!

しかもその規模が凄まじく、約17ヘクタール(東京ドーム4個分)程もあったそうです!
豊臣秀吉の居城である大阪城に次ぐ広さとは。。。

現在は、天守閣や櫓などの建物は無く、石垣だけが残っています。
敷地内には、名護屋城跡だけでなく『名護屋城博物館』や「茶房海月」などがあります!

基本情報
  • 名称:名護屋城博物館
  • 住所:〒847-0401 佐賀県唐津市鎮西町名護屋1931-3
  • 料金:基本無料(博物館の特別企画展と名護屋城跡の維持管理協力金100円は有料)
  • 駐車場: 普通車 63台 , 大型バス 7台
  • 所要時間:1時間30分

名護屋城周辺には有名武将の陣跡が!

名護屋城周辺には、有名武将の陣跡があるんです!

見て下さい!この豪華な名前を!

名護屋城周辺の陣を張った戦国武将
  • 徳川家康 – 江戸幕府初代将軍
  • 伊達政宗 – 独眼竜政宗
  • 加藤清正 – 熊本藩初代藩主
  • 石田三成 – 豊臣秀吉の右腕
  • 上杉景勝– 豊臣政権五大老
  • 黒田長政 – 福岡藩初代藩主
  • 真田昌幸 – 真田幸村の父
  • 島津義弘 – 島津氏17代当主

完全に戦国武将オールスターですね!
最近の大河ドラマ「真田丸」でも有名になった、真田昌幸の陣跡もあります!

名護屋城博物館で歴史を学ぼう!

名護屋城博物館
▲名護屋城博物館入口

名護屋城跡の敷地内には『佐賀県立 名護屋城博物館』があります!
もの凄く立派な建物です!

しかも驚いたことに、常設展は『無料』

豊臣秀吉の時代の貴重な資料を無料で見ることが出来ます!

朝鮮出兵時の船の模型の迫力が凄い!

名護屋城博物館安武船
▲名護屋城博物館 「安武船」

常設展には、朝鮮出兵時の船、「安武船(あたけぶね)」の模型が展示されています!
この船は現在で言う戦艦で、当時の日本水軍の最強の軍船だそうです!
その見た目はインパクトが強く、なんと船にお城が乗ってます!

名護屋城跡を散策!

名護屋城は、約17ヘクタール(東京ドーム4個分)もあり、築城当時、秀吉の居城である大阪城に次ぐ広さだったと言われています!
その為、現在でも残っているその敷地は、とても広く、さらにその周囲には、諸大名の陣跡が多数あります!

見える範囲全てがお城ですね!

入口から見える景色が既にでかい!

その大きさは入口から見て取れます!
名護屋城は山に建てられたお城で、その石垣から大きさがわかります。

名護屋城入口

入口の看板には「名古屋城歴史遺産維持協力金のお願い」があります。
任意にはなるのですが、1人100円となっています。

名護屋城入口

博物館が素晴らしいのに無料だったので、ここで協力金を払うことが出来て逆に良かったです(笑)協力金を支払うと、マップを貰えおすすめコースを教えてくれます。

さらに興味のある人は、+100円でガイドさんが案内してくれるそうです!

坂道が長い!

名護屋城二の丸への坂道

入口から右に行くと長い長い坂道です!

二の丸跡には木が生い茂る

名護屋城跡二の丸

坂道を登った先には「二の丸跡」があります。
とにかくここも広いです!
現在は木が生い茂っています。緑が綺麗です。

名護屋城跡本丸への道

この二の丸からさらに登った際に本丸跡はあります!
名護屋城は基本的に整備が行き届いていて、本丸に向かう道も整備されています。

本丸跡は1番広い!

名護屋城跡本丸跡

二の丸跡から階段を登っていくとそこには『本丸跡』があります!
本丸跡は名護屋城内で1番広い場所です!

天守閣跡からの景色が綺麗!

名護屋城跡天守閣跡からの景色
▲天守閣跡から見える景色

本丸の端っこには、天守閣跡があります!
天守閣跡も今は何も無くなっていますが、ここから見える景色は最高に綺麗です!

名護屋城跡から見た呼子大橋
▲天守閣跡から見える呼子大橋

唐津の海、島々を望め、右の方には『呼子大橋』も見えます!
豊臣秀吉もこの景色を見たかと思うと感慨深いですね。

スポンサーリンク

茶房「海月」でひと休み

名護屋城跡の海月

名護屋城跡の入口から左に100m程歩くと『海月』という茶房があります。
名護屋城散策に疲れたらここでひと休みできます。

500円でお茶菓子つき!

名護屋城跡の海月の和室

入場料、抹茶、和菓子を含め500円となっています!
苑内では、和室と縁側、好きな方に座ることができ、席まで持ってきてくれます!

名護屋城跡の海月の抹茶
名護屋城跡の海月の和菓子

私は縁側に座り、綺麗な庭園を観ながらのんびり抹茶と和菓子を頂きました!

日本庭園が綺麗!

名護屋城跡の海月の日本庭園

茶室の目の前には、日本庭園が広がっています。
名護屋城を散策した後、この静かで穏やかな雰囲気を観ながらゆっくり休憩をしてみて下さい。

心が洗われるようです。

九州オルレの唐津コース!

名護屋城跡は「九州オルレの唐津コース」に入っています!

名護屋城跡九州オルレ唐津コース

唐津コースは「道の駅 桃山天下市」をスタートし、波戸岬まで向かうコースです!

▼九州オルレ「みやま・清水山コース」に行った記事はこちら

アクセス

唐津駅から名護屋城跡まで、車で25分程です!

駐車場は普通車63台駐車可!

駐車場は、普通車が63台停められる程広く、大型バスも7台停められます!

名護屋城跡の駐車場

Photo Gallery

SONY α6000 で撮影した観光地のPhoto Galleryです!
※photoshopで現像済み

▼α6000の記事はこちらから!単焦点レンズや広角レンズの紹介もしてます!

 

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

周辺観光

道の駅「桃山天下市」

名護屋城跡から車で1分!
というかほぼ隣です!
桃山天下市では、萬坊の「いかまんじゅう」を食べることも出来ます!

波戸岬

名護屋城跡から車で10分!
海水浴場があり、天然の水族館「玄海海中展望塔」もり、夕日が綺麗です!
ハートのオブジェもあり『恋人の聖地』としても有名です!

おすすめランチ

からつハンバーガーとコーヒーのお店

唐津駅から名護屋城跡に向かう途中に『唐津バーガー』のお店があります!
『唐津バーガー』はバンズがパリパリで絶品です!ぜひお召し上がりください!

まとめ

名護屋城模型

いかがでしたでしょうか?

佐賀県の唐津市にある『名護屋城跡』をご紹介しました!
豊臣秀吉が、朝鮮出兵の為に築城した「名護屋城」は、当時、豊臣秀吉の本拠地であった「大阪城」に次ぐ規模だったと言われています!

現在でもその規模を見ることができ、名護屋城の周辺には、名立たる戦国武将の陣跡を見ることが出来ます!

佐賀県の唐津市は呼子の朝市などが有名ですが、ぜひ「名護屋城跡」にも行ってみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました