萩の新観光名所『萩・明倫学舎』!ここで吉田松陰が木戸孝允に兵学を教えていた!?

明倫学舎アイキャッチ画像山口
この記事は約7分で読めます。
現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。また緊急事態宣言等により、利用中止となっているクーポンもあります。最新の情報は、各観光施設の公式HP・各クーポンの公式HPでご確認ください。

山口県萩市には、明治維新に関わった歴史上人物がとても多く、歴史的に重要な観光地がたくさんあります!

この記事では、萩の新観光名所『萩・明倫学舎』を紹介します!

『萩・明倫学舎』は、江戸時代の萩藩の藩校で、2014年までは小学校として使われ、2017年に新たな観光地としてリニューアルオープンしました!

萩の観光拠点として、ここに先に行くと、萩観光がより楽しめる観光地です!

では!
実際に行ってきたので、紹介していきます!

旅行日付は2020年9月14日です。この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

萩・明倫学舎とは?

萩明倫学舎

『萩・明倫学舎』は、山口県萩市にある観光名所です!
ここは、江戸時代に萩藩の藩校である『明倫館』があった場所です!
その後、昭和10年からは「明倫小学校」として、そして2017年からは、萩の新観光名所『萩・明倫学舎』としてOPENしました!

名称明倫館
住所〒758-0041 山口県萩市大字江向602
料金2号館のみ有料
駐車場有料駐車場あり
所要時間1時間

『萩・明倫学舎』には、大きく分けて3つの建物があります!
「明倫学舎本館」「明倫学舎2号館」「有備館」の3つです!

吉田松陰が兵学を教えていた!

実は、この「萩藩校・明倫館」では、あの幕末の指導者「吉田松陰」が兵学を教えていた場所なんです!しかも19歳で!

その生徒の中には、維新三傑とも謳われた萩出身の『木戸孝允』を始め、明治維新で活躍した教え子が多くいたんです!

松下村塾」に行って、吉田松陰の生涯を学んでから行くともの凄く面白い場所です!

スポンサーリンク

萩明倫館の見どころ!

①入口で「正門」がお出迎え!

正門

入口には、明倫館の正門が出迎えてくれます!
この門の立派さで「萩藩校・明倫館」がどれほど立派であったかがわかりますね!

②1号館はショップやレストラン!(入場無料)

萩明倫学舎1号館

『萩・明倫学舎本館』です!
見て下さい!この、建物を!これは、萩藩校・明倫館の跡地に昭和10年に建った「明倫小学校」の校舎です!なんと「日本最大の木造校舎」だそうです!

この校舎を改修し、現在は『萩・明倫学舎』の「本館」として、ここに堂々と建っています!

「本館」には、1階と2階に様々な施設やレストラン・ショップが入っています!こちらは「無料」で入ることが出来ます!

【1階】
  • 多目的復元教室
  • 萩まちじゅう博物館
  • 復元校長室
  • 飲食スペース・萩のお土産販売
【2階】
  • 天井裏見学室
  • 萩藩校明倫館展示室
  • 明倫小学校展示室
  • ジオパークビジターセンター
  • 復元教室

全部行きたかったのですが、時間の関係で「本館」の方は行けなかったので、今度また行ったらここに詳しく書こうと思います!

気になった方は、こちらの公式サイトをご覧ください!

③2号館はミュージアム!(有料)

萩明倫学舎

2号館」は、全てミュージアムになっています!
西側には、幕末の貴重な展示物を見れる「幕末ミュージアム」!
東側には、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」について、映像やパネルなどで楽しく学ぶことのできる「世界遺産」ミュージアムになっています!

入場料
  • 大人:300円
  • 高校生:200円
  • 小・中学生:100円

【西側】幕末ミュージアム

幕末ミュージアム

まずは『幕末ミュージアム』!こちらは博物館では珍しく写真撮影OKとなっています!

幕末ミュージアムでは、「天体」「地理」「医学」「科学」「銃などを中心とした幕末動乱の展示物」を、分野別に展示されています!

実際に現地で見てほしいので、ちょっとだけ紹介します!

まず驚いたのが、この幕末の戦で使われた被り物!
各藩だったり各家の家紋が描かれたものが大量に飾られています!

幕末ミュージアム

大河ドラマとかで見るあれです!こんなに多くのものを見るのは初めてです!圧巻です!

そしてこれ!

幕末ミュージアム

なんと幕末当時の銃です!よく大河ドラマなどで、新政府軍が持っている銃!しかも銃の先に剣を付けられる銃剣まであります!

たくさんの展示物があるのでぜひ行ってみて下さい!

ちなみに、ここに置いてあるものは、全て「小川忠文さん」という収集家の方が個人で集めたものを萩市に寄贈されたそうです!

それを300円で観れるなんて、太っ腹ですね!
「世界遺産ミュージアム」も凄いのに、正直300円じゃ安すぎます!

【東側】世界遺産ミュージアム

世界遺産ミュージアム

世界遺産ミュージアム』は、2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」について、映像やパネルで学ぶことのできるミュージアムです!

こちらは、映像の場所は撮影禁止なので、残念ながら写真はないです。。。

ここで面白かったのが『長州ファイブの映像シアター』と『松下村塾のシアター』!
最初にある「長州ファイブの映像シアター」では、伊藤博文を始めとした「長州ファイブ」の説明があります!「長州ファイブ」は、幕末にヨーロッパに派遣された5名の長州藩士のことで、明治以降にそれぞれが各分野で「父」と呼ばれてるんです!

長州ファイブ
  • 伊藤博文 – 内閣の父(初代内閣総理大臣)
  • 井上馨 – 外交の父
  • 井上勝 – 鉄道の父
  • 遠藤謹助 – 工学の父(工部大学校を創設。東京大学工学部の前身)
  • 山尾庸造 – 造幣の父
世界遺産ミュージアム

ちなみに「長州ファイブ」と記念撮影を撮れる場所もありますよ!

もう1つ面白かったのが『松下村塾のシアター』です!
「松下村塾」は、吉田松陰が講師を務めた私塾で、ここでは「伊藤博文」や「高杉晋作」など、幕末から明治にかけて活躍した人物を指導していた塾です!

ここで話を聞けば、吉田松陰に詳しくなります!
合わせて世界遺産『松下村塾』に行けばもっと吉田松陰に詳しくなります!

歴史を知ると観光の面白さも数倍になって面白いですよ!

ぜひ行ってみて下さい!

④有備館

有備館

有備館』は、旧萩藩校明倫館で、剣術や槍術の稽古をした道場です!
明倫館の隣にあり、なんと入場料は無料

ガイドさんもいて有備館について色々教えてくれます!

剣道や槍の道場!

明倫学舎

中に入ると、まず槍術の稽古場!
真ん中から左は畳が敷かれていて、右側が稽古場です!

有備館-剣術場

奥に進むと、剣道場があります!
どちらも同時の情景を思い起こさせる雰囲気です!

あの「坂本龍馬」も来た!

有備館-剣術場

実はこの『有備館』、あの「坂本龍馬」も来て試合をしたそうなんです!
1862年1月14日に、萩に来た「坂本龍馬」は、萩に滞在中にここで剣術の試合をしたと言われてるんです!

この場所で「坂本龍馬」が試合をしたと思うとワクワクしますね!

⑤水練池

明倫館水練池

この『水練池』は、遊水術や水中騎馬が行われた場所で、藩校の水練池としては、現存するのは日本でここだけなんです!

東西39.5m、南北15.5mで、深さは1.5mもあるそうです!

スポンサーリンク

アクセス

JR萩駅から車で10分!

駐車場

駐車場は、明倫館の隣にあります!

萩中央公園と萩博物館と明倫館の駐車場は共通で、1日310円でどこでも停められるようになってます!詳しくは公式HPをご覧ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

山口県萩市の新観光地『萩・明倫学舎』を紹介しました!

『萩・明倫学舎』のポイント
  • 萩の藩校の跡地にできた新しい観光地!
  • 無料施設と有料施設がある!
  • 萩観光をここからすると、より楽しめる!
  • 『坂本龍馬』が来たと言われている有備館が現存している!

ぜひ行ってみて下さい!

良い旅を!

おすすめな人