【門司港レトロ】観て歩くだけで楽しい!趣あるレトロな建物をご紹介!

門司港レトロの建物たちアイキャッチ画像福岡
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

この記事では、福岡県北九州市にある『門司港レトロの建物』をご紹介します!

「門司港レトロ」には明治から昭和にかけて建てられた建物がいくつも残っていて、建物を見て歩くだけでも楽しい観光地なんです!

では!紹介していきます!

旅行日付は2020年3月19日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

門司港レトロとは?

門司港

『門司港レトロ』とは、福岡県北九州市にある観光地です!
「門司港駅」を中心に、明治から昭和にかけて建築された趣のある建物が多く残っていて、それが「門司港レトロ」と呼ばれています!

名称門司港レトロ
住所〒801-0852 福岡県北九州市門司区9
料金有料施設あり
駐車場有料駐車場あり
所要時間1日

▼「門司港レトロ」の観光情報はこちらから!レトロな建物だけでなく、九州鉄道記念館や、巌流島、名物の焼きカレーなど、門司港観光をまとめた記事です!

スポンサーリンク

門司港レトロの建物をご紹介!

「門司港レトロ」には、明治から昭和にかけて建てられた趣ある建物が多く残っています!建物を見て歩くだけでも楽しい観光地です!

そこで!

門司港レトロの建物を、おすすめの散歩ルートでご紹介します!

① 門司港駅

門司港駅

まずは「門司港駅」から出発です!
「門司港駅」は、なんと!大正3年(1914年)に開業した歴史ある駅です!

駅舎は老朽化が進んでいたんですが、2019年に大正時代の姿に復元されました!

門司港駅

大正ロマンが蘇った門司港駅の前に建つと、まるでタイムスリップしたかの様な感覚を味わうことが出来ます!

この時代の建物はかっこいいですね!
見るだけで楽しいです!

② 旧門司三井倶楽部

門司港レトロ建物

「門司港駅」のほぼ目の前にあるのが、この『旧門司三井倶楽部』です!
ここは大正10年(1921年)に建てられた建物で、現在は1階にレストランやホールなどが営業しています!

そして、この建物の見どころは、2階にあります!
この建物、なんと、あの『アインシュタイン』が宿泊した建物なんです!

2階にはその時の部屋が再現されています!

次に、この建物の隣にあるのが『旧大阪商船』です!

③ 旧大阪商船

門司港レトロ建物

『旧大阪商船』は、大正6年に建てられた建物で、六角形の塔が特徴的な建物です!
国の「登録有形文化財」に登録されています!

特徴的な形をした建物で、ヨーロッパの様な雰囲気ですね!
門司港はどれだけ綺麗な街だったんだ。。。

「門司港駅」、門司港駅前の「旧三井倶楽部」「旧大阪商船」、この3つだけでも見応えがあります。

ここから、ガス灯通りに入って行きます!

④ ガス灯通り

ガス灯通り

「門司港レトロ」の商業施設が集まった『ガス灯通り』
ここには、レストランやお土産屋さんが多く集まっています!
門司港名物の「焼きカレー」屋さんもあり、下関名物の「瓦そば」も食べることが出来ます!

ガス灯通り

このガス灯通りから見える「レトロな建物」「海」「プレミアムホテル門司港」は門司港を象徴する景色となっています!

ガス灯通り

門司港レトロに行ったら、まずはここに行くことをおすすめします!
ガス灯通りを過ぎると「レトロ中央通り」に出ます!

⑤ 大連友好記念館

門司港レトロ

ここでまず目に留まるのは、この『大連友好記念館』です!

この建物は、ロシア帝国が1902年に中国の大連市に建築した建物を複製したものだそうです!

友好都市締結15周年を記念し、ロシア帝国が1902年に大連市に建築した鉄道汽船会社の建物を、そっくり複製し建築されたものが、この「大連友好記念館」。

北九州市観光情報サイト:https://www.gururich-kitaq.com/spot/dalian-friendship-memorial-formerly-the-international-friendship-memorial-library

日本の明治時代~大正時代の建物に似てる感じがします!
中国の大連ってこんな感じの建物が多かったのでしょうか?まだ残っているなら見てみたいですね!

・・・

って、調べたら出てきました!
こちらの記事の最後の方に写真が載っています!

⑥ 旧門司税関

「大連友好記念館」の斜め前にあるのは『旧門司税関』です!

旧門司税関

この『旧門司税関』は、なんと明治に建てられた建物だそうです!
明治ということは、大正3年に建てられらた「門司港駅」よりも古いんですね!
そしてお洒落!
この時代の建物はどれもお洒落ですね!

旧門司税関は明治42年(1909)に門司税関が発足したのを契機に、明治45年(1912)に煉瓦造り瓦葺2階建構造で建設されたものです。昭和初期までは、税関庁舎として使用されていました。平成六年に北九州市が赤煉瓦を特注し、建物の復元を行いました。

門司港レトロインフォメーション:http://www.mojiko.info/spot/zeikan.html

この税関は昭和2年まで使われた後に、民間に売却され、平成7年に、外観を再現したそうです!

旧門司税関は、初代庁舎が焼失したため同じ場所に明治45年に二代目庁舎として建設され、昭和2年まで使用されました。その後、民間に売却されて倉庫等として使用されていましたが、平成7年に門司港活性化のためレトロ事業の一つとして改修され往時の姿を取り戻しました。

門司税関 公式HP:https://www.customs.go.jp/moji/moji_kmoj/moji_kmoj.html
旧門司税関

近くで見るとレンガ模様が綺麗ですね!
日本中の建物がこうなってほしいなー!

⑦ ブルーウィングもじ

プレミアムホテル門司港
▲「ブルーウィング門司」を歩く

中央通りを過ぎると『ブルーウィングもじ』が見えてきます!
この橋!なんと!「上がる」んです!

・・・

どういうことかというと、「こう」です!

ブルーウィング門司
▲「上がった」ブルーウィング門司

ここは定期的に船が通るので、可動する仕組みになっているんです!
可動する時間は決まっていて、近くに時刻表が置いてあります!

ブルーウィングもじの開閉時刻表
▲「ブルーウィングもじ」の開閉時刻表

開橋時刻に近づくと、徐々に周りに観光客が集まってきます!
いざ開橋が始まると、本当にゆっくり橋が上がって行きます!門司港レトロに置けるショーの様になっているので、ぜひ観に行くことをおすすめします!

さらにここから見える夕焼けは最高に綺麗なんです!
私も好きな場所です!

ブルーウィング門司

橋の向こうに見える夕焼け。船。海。
目を奪われるような絶景です!

対岸に見える下関には、工場地帯があり、夕焼けによって浮かび上がるシルエットがまた綺麗です!

ブルーウィング門司
▲「ブルーウィングもじ」のパノラマ写真

もし夕方までいれるのであれば、夕焼けを見て帰ることをおすすめします!
(私は毎回夕方までいます!というか夜までいます!)

明治から昭和にかけられて建てられた「門司港レトロ」の建物を見て、夕方には綺麗な夕焼けを見る。本当に1日楽しめる観光地です!

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

周辺観光

「門司港レトロ」から行ける周辺観光地をご紹介します!

観光地移動
時間
Googleマップ
関門トンネル人道30分「門司港駅」からのルート
巌流島(門司港のりば)4分「門司港駅」からのルート
九州鉄道記念館3分「門司港駅」からのルート

関門トンネル人道

関門トンネル人道

関門海峡を歩いて渡ることのできる『関門トンネル 人道』
あの「関門海峡」を「歩いて渡る」という、貴重な体験を出来る観光スポットです!

巌流島

宮本武蔵、佐々木小次郎像

「門司港のりば」から船で10分程で行くことができる『巌流島』
あの「宮本武蔵」「佐々木小次郎」が決闘を行ったと言われる島です!

島内には、決闘のシーンをイメージした像が飾られています!

九州鉄道記念館

【門司港レトロ】九州鉄道記念館車両展示

門司港駅から3分で行くことのできる『九州鉄道記念館』
実際の車両がいくつも展示されていて、間近で見ることが出来る観光スポットです!

蒸気機関車や明治時代の列車も見ることができ、大人も子供も楽しめる観光スポットです!

まとめ

門司港駅

いかがでしたでしょうか?

福岡県北九州市にある『門司港レトロの建物』を紹介しました!
『門司港レトロ』には、明治から昭和に建てられた趣ある建物がいくつも残っていて、散歩するだけでも楽しい観光地となっています!

門司港には、この建物以外にも、「焼きカレー」や「巌流島」、下関に渡ると「海響館」や「唐戸市場」など、1日では回り切れない程の観光スポットがあります!

がっつり観光を楽しみたい方!

ぜひ『門司港レトロ』へ行ってみてはいかがでしたでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました