日本で唯一!スサノオノミコトの御魂を祀る『須佐神社』!

須佐神社アイキャッチ画像島根
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

この記事では、島根県出雲市にある『須佐神社』を紹介します!

  • 出雲大社の次に行く神社を探している!
  • ヤマタノオロチの伝説を知っている!
  • 神楽好きな人!

という方に、おすすめです!

では!
紹介していきます!

旅行日付は2020年10月7日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

須佐神社とは?

須佐神社』とは、島根県出雲市にある「スサノオノミコト」を祀る神社です!

名称須佐神社(読み方:すさじんじゃ)
住所〒693-0503 島根県出雲市佐田町須佐730
料金無料
駐車場[無料] 30台
所要時間15分

「出雲国風土記」によると、スサノオノミコト最後に訪れたのが、この神社のある場所で、自分の名前をこの地につけ、自らの御魂を鎮めたと記されいるそうです!

この地は日本神話の中でヤマタノオロチを退治した英雄「須佐之男命(スサノオノミコト)」に関わりが深く、『出雲国風土記』の須佐郷の条には、スサノオがこの地に来て最後の開拓をし、「この国は小さい国だがよい国だ。自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と言って「須佐」と命名し、自らの御魂を鎮めたと記されています。

出雲観光ガイド:須佐神社

スサノオノミコトを祀る神社は、全国にたくさんあるのですが、この「須佐神社」は、全国で唯一スサノオノミコトの御魂を祀る神社なんです!

御祭神

御祭神は「須佐之男命(スサノオノミコト)」です!

[ 主祭神 ]
  • 須佐之男命(スサノオノミコト)

スサノオノミコトと言えば、神楽で「ヤマタノオロチ」を退治する神様として有名です!

御本殿

『須佐神社』は、あまり大きい神社ではありません!

鳥居をくぐると小さい門があり、奥にはすぐに御本殿があります!

御本殿は「大社造」です!
現在の本殿は、江戸時代の1861年に作られたものです!

御朱印

御朱印も書いて頂きました!

大杉

社殿の後ろには、樹齢1300年とも言われる「大杉」があります!
圧倒的存在感で、その力強さはとてつもないです!

七不思議

「須佐」には、語り継がれる「七不思議」があるんだそうです!
1番驚いたのがこれ!

境内にある「塩井」!
なんとこの塩井は、出雲大社の近くにある『稲佐の浜』に繋がっていると言われています!
その証拠に、なんと満潮の時には、潮の花をふくんだそうです!

スサノオノミコトはここで塩を汲んで、この地を清められたと言われています!

天照社

「須佐神社」の入口の反対側には、スサノオノミコトの姉である『天照大御神(アマテラスオオミカミ)』を祀る『天照社』もあります!

スポンサーリンク

アクセス

出雲大社から須佐神社までは車で40分程で行くことが出来ます!

駐車場

駐車場は無料で、30台程停めることが出来ます!

駐車場の前には、「すさ音cafe」というカフェもあって、雰囲気がとても良いです!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

島根県出雲市にある『須佐神社』を紹介しました!

『須佐神社』の魅力
  • 全国で唯一スサノオノミコトの御魂を祀る神社
  • 樹齢1300年の大杉がある!
  • 出雲大社から車で40分!

ぜひ行ってみて下さい!

良い旅を!

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!