「耶馬渓橋」は日本唯一で最長の8連石造アーチ橋!青の洞門の近く!【本耶馬渓町】

耶馬渓橋 大分

大分県中津市の耶馬渓地域(本耶馬渓町・耶馬渓町・山国町)は、「一目八景」を始め、特に紅葉が有名な観光地です!

この記事では、本耶馬渓町の「耶馬渓橋」を紹介します!

耶馬渓橋」は、日本で唯一の8連石造アーチ橋で、日本最長の石像アーチ橋です! “馬溪橋・羅漢寺橋”と合わせて「耶馬渓三橋」と呼ばれている橋です!

耶馬渓の観光スポット「青の洞門」のすぐ近くにあります!

では!
実際に行ってきたので、紹介していきます!

※旅行日付は2021年10月6日です。この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。訪れる際にはご注意ください。

記事内に広告が含まれています。

期間限定クーポン
旅行にお得な期間限定クーポンこちら

スポンサーリンク

「耶馬渓橋」とは?

耶馬渓橋

耶馬渓橋」は、大分県中津市本耶馬渓町にある日本最長の石造アーチ橋です。

名称耶馬渓橋(読み方:やばけいばし)
住所〒871-0202 大分県中津市本耶馬渓町曽木
料金無料
駐車場[無料] 約10台
トイレなし
所要時間約15分

大正時代に造られた石橋で、通称「オランダ橋」とも呼ばれています。

「耶馬渓橋」の見どころ!

①日本最長の石造アーチ橋

耶馬渓橋

「耶馬渓橋」の1番の見どころは「日本最長の石造アーチ橋」です。駐車場からすぐ「耶馬渓橋」は見えてきます。驚くのは、その「長さ」。

耶馬渓橋

長崎などでよく見る眼鏡橋は「2連」程ですが、この耶馬渓橋は「8連」。全長116mの「8連石造アーチ橋」。日本唯一最長だそうです!

耶馬渓橋

見て下さい!この長さ!8連アーチが美しいです!

耶馬渓橋

大正時代に造られ、その後何度が修復等を繰り返したそうです。大正時代からここに架かってあると思うと凄いですね!

耶馬渓橋

橋の架かる山国川も綺麗です。ここも大正時代と変わっていないのでしょうか。

②橋を渡れる!

耶馬渓橋
▲愛の鐘オブジェ

耶馬渓橋」は、今でも現役で使われていて、渡ることが出来るようになっています。橋を見守るように「愛の鐘」オブジェが建てられています。

耶馬渓橋

橋を渡ると、そこはまるで大正時代にタイムスリップした様な景色です。昔の人もこの景色を観ていたのかと思うと心が躍ります。

耶馬渓橋

駐車場から橋を渡って反対側に行くと「耶馬渓橋」についての説明が書かれている石碑がありました。

耶馬渓橋

こちら側から観ても綺麗な橋です。

耶馬渓橋

ここからの方が、8連アーチになっているのがよくわかりますね。長すぎて奥の方が見えないほどです。

耶馬渓橋

こちら側にも「愛の鐘」オブジェが置いてあります!

耶馬渓橋

③向かいの端から観ると綺麗に見える!

耶馬渓橋」は向かいの橋から観ることができます!

ここです!

この橋の上からだと、8連になっている様子と、その長さを実感できます。

耶馬渓橋

これほど長い石橋を作るのはどれほど大変だったのでしょうか。想像もできません。日本最長の石造アーチ橋として令和の時代にも残っていることを、当時の職人さんたちが聞くと喜ぶかもしれませんね。

アクセス

大分駅から耶馬渓橋までは、高速で約1時間下道だと1時間40分程で行くことができます!

福岡県の博多駅から高速で約1時間40分下道では2時間45分程で行くことが出来ます!

「耶馬渓橋」と同じ耶馬渓にある「一目八景」までのアクセスについて、こちらに詳しくまとめています!よかったら参考にしてください!

駐車場

耶馬渓橋

駐車場は綺麗に整備されていて、10台ほど停めることができます!

耶馬渓橋 駐車場

まとめ

耶馬渓橋

いかがでしたでしょうか!

大分県中津市本耶馬渓町の「耶馬渓橋」を紹介しました!

日本で唯一の8連石造アーチ橋で、日本最長の石造アーチ橋で、大正時代から今なお現役で使われています!

青の洞門」からすぐの場所にあるので、ぜひ一緒に行ってみて下さい!

良い旅を!

おすすめな人

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました