長崎のリゾート地!『アイランド長崎 – i+Land nagasaki -』の魅力!日帰り温泉も最高!

アイランド長崎アイキャッチ画像長崎
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

旅行日付は2019年1月12日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

アイランド長崎 – i+Land nagasaki – とは

アイランド長崎 – i+Land nagasaki –は長崎県の伊王島にあるリゾート施設です!

2018年4月に「長崎温泉やすらぎ伊王島」から名前を変え、リニューアルオープンしました!

やすらぎ伊王島
伊王島港
▼『i+Land nagasaki』の予約はこちらから!
スポンサーリンク

客室

アイランドナガサキのマップ

アイランド長崎 – i+Land nagasaki – には客室7種類もあります!
ホテルにはそれぞれ特色があります!

客室一覧

テラスロッジ
 - オーシャンビューの部屋。テラスには、ソファとハンモックが置いてあります!
パークロッジ
 - 愛犬と一緒に泊まれる部屋。外には全長80mのドッグランもあります!
キッズロッジ
 - 子供が主役の部屋。家具やキッチンが全て子供サイズです!グランピングロッジもある!
ナギホテル
 - 広々とした部屋でテラスにはハンモックが置いてあります!
カゼホテル
 - 広々とした部屋でグループで泊まる場合はここがおすすめです!
ミナトホテル
 - 広々とした部屋で、和室もあるので、グループや家族旅行に最適です!
カゼコテージ
 - メゾネットタイプがあり、最大で6人まで泊まることが出来ます!

利用者がホテルの種類を選べるのは便利ですね!
特にペットと一緒に泊まれるパークロッジや、
子供が主役となれるキッズロッジは珍しいので是非行ってみて下さい!

たくさんある為、かなり迷いましたが、
私は『テラスロッジ』に泊まりました!!!

テラスロッジの場所

テラスロッジ

伊王島のテラスロッジ部屋

部屋に入った瞬間に、
「一体どこに迷い込んでしまったのだ!」と思う程のリゾート感!

伊王島のテラス
ソファでも優雅に過ごすことが出来る

ハンモックソファが置いてあり、長崎の海が一望できます!
隣の部屋は完全に見えないようになっていて、
完全にこの景色を独り占めできます。

ここで1日コーヒーやお酒でも飲みながらゆっくり過ごす。
そんな旅行も楽しそうです。

テラスロッジに関しては、この記事にも書いているので、参考にして下さい!

予約はホテル毎に行う!

アイランド長崎には、ホテルが7種類も存在します!
どのホテルに泊まるかは、予約時に決める必要があります!

じゃらんなどの予約検索サービスを利用すると、ホテル毎に宿泊プランが出てきます!

じゃらんで「アイランド長崎」の宿泊プランを確認する
【じゃらん】「i+Land nagasaki 」の予約はこちらから

食事 (TERRACE DINER BBQ)

アイランド長崎にはレストランもたくさんありますが、
TERRACE DINER BBQ(テラスダイナーバーベキュー)』の2食付きプランを予約していたので、朝食も夕食もここで頂きました!

夕食はチェックイン時に時間を聞かれるので、
希望の時間をお伝えください。

夕食

テラスダイナーバーベキュー

『TERRACE DINER BBQ(テラスダイナーバーベキュー)』は、
屋内型のBBQレストランで、
雨の日でも楽しめる全天候型レストランです!

バイキングではなくコース料理で、
スープや牛豚鶏肉の盛り合わせ、
ウインナーとデザートを堪能しました!

伊王島の夕食の焼肉
テラスダイナー前菜
テラスダイナースープ
伊王島の夕食

朝食

伊王島の朝食

朝食は、夕食と同じテラスダイナーで食べました!
アイランド長崎の朝食はとてもおしゃれなオープンサンド!
しかも目の前に海が見えて、朝から贅沢な時間を過ごせます。

朝食については、こちらの記事にまとめています!

温泉

アイランド長崎には温泉施設が2か所あります!
『島風の湯』と『YUYUSPA 天然温泉ユユスパ』です。

アイランド長崎の宿泊者はどちらの温泉も、入り放題となっています!

どちらの温泉も日帰り入浴も出来るので、
泊まらなくても入ることが出来ます!

YUYUSPA – ユユスパ –

1つ目の温泉は
『YUYUSPA 天然温泉ユユスパ』です!
アイランド長崎の中心部にあって、
エントランスのお土産屋さんを通ってその奥にあります。
少しわかり辛いので、スタッフさんに聞いた方がスムーズに行けると思います。

ユユスパ

YUYUSPAは、内風呂と露天風呂があります。
広さはあまり広くはないですが、
内風呂は4つ程あり、
ゆっくりできるようになっています。

土曜の17:30時頃に行ったのですが、
常に3,4人位しかいなかったので、
とてもゆったり入ることが出来ました。

露天風呂は、インフィニティ風呂になっています!
海を見ながら入る露天風呂は最高ですね!

島風の湯

2つ目の温泉は、『島風の湯』です!

島風の湯

正直、断然おすすめなのは『島風の湯』です!
というか、この温泉を目的に行きました(笑)

実はこの泊まった時の1年くらい前に、
島風の湯には日帰り入浴で行ったことがあって、
またこの温泉に入りたくてアイランド長崎に泊まりました(笑)

ここの温泉の特徴は、
なんといってもインフィニティ風呂です。

温泉の2階に露天風呂があり、
湯船に浸かると長崎の海に浸かってる感覚になります!
正直何時間でも入ってられます!

『島風の湯』の魅力は↓の記事に書いているので、参考にしてください!

観光・アクティビティ

アイランド長崎には様々な娯楽があります!
近くには、海水浴場もあり、
レンタサイクルで島内をサイクリングすることが出来ます。

『 アイランド長崎 – i+Land nagasaki -』にリニューアルオープンしてから増え続けています!
2018年4月1日からは『アイランドルミナ』
2019年7月13日からは『ナガサキウォーターアイランド』
がオープンし、ますます発展し続けています!

マリンスポーツもかなり盛んで、
たくさんのアクティビティが用意されています!

アクティビティ

【マリンアクティビティ】
・マリンジェット
・SUP
・バナナボート系
・ウェイクボード
・スノーケリング/ダイビング体験
・ペーロン体験(長崎伝統の船)
・シーカヤック

【フィールドアクティビティ】
・サイクリング
・セグウェイ
・釣り具のレンタル
・トレッキングツアー
・室内スポーツ(バドミントン/卓球)
・ボルダリング
・軍艦島ツアー

アクティビティについては、
公式ホームページに予約方法や料金等書いてあるので、見てみて下さい!

アイランドルミナ

アイランド長崎のホームページに『アイランドルミナ』について書いてあったのですが、
ホームページで詳細を見てもよく分からない!
なのでそれ以上知らずに、何の前情報も無い状態で行ってみました!

アイランドルミナへはバスで行くことが出来ます。

伊王島アイランドルミナ行きのバス
アイランドナガサキで貰った案内
アイランドナガサキで貰った案内図

アイランドルミナ行きのバス停は、
島風の湯にあります!

バスは随時出発しています。
所要時間は5分程です。

P2というのは、
テラスロッジの方にある駐車場です。
ここからは1日に2回しか出ないので、
島風の湯から行った方がいいと思います!

伊王島の森をバスで進むと、突如アイランドルミナが 現れます!

伊王島のアイランドルミナ

アイランドルミナは物語に沿って、
森の中を散策する新しいテーマパークのようでした。

物語は森の中にプロジェクションマッピングで映し出し、進んでいきます。

至る所でインスタ映えになる写真が撮れます!
ただ、暗いので携帯だとなかなかいい写真は撮れないかもしれません。。。
一眼レフがミラーレスを持っていくことをおすすめします!

アイランドルミナ
アイランドルミナの道中 -ライトアップされた道を進みプロジェクションマッピングで物語を楽しむ

実際行ってみると結構楽しめました!
話を楽しむ事ができ、
アトラクションもあります!
行ってからのお楽しみ下さい!!!

島内循環バス

アイランド長崎は敷地が広い為、
島内循環バスが運行しています。
循環バスは15分間隔で運行していて、
島内4か所のバス亭を経由します。

島内循環バス
島内循環バス停留所
島内循環バス時刻表
島内循環バスの時刻表(表) 7:00~14:00
島内循環バス時刻表
島内循環バスの時刻表(表) 15:00~22:00

アクセス

アイランド長崎 へいく方法は、主に2種類あります。

無料送迎バス(所要時間:40分)

アイランド長崎が運航する
長崎駅発の無料送迎バスです
予約制となってますが、
当日予約も可能です。

乗り場が少しわかり辛いので、
↓を参考にしてください。

長崎汽船(所要時間:20分)

長崎港ターミナルから伊王島まで
フェリーが出ています。
個人的には、フェリーで行った方がリゾート地に行った感じがでるので、おすすめです!

フェリーで行く方がおすすめ!

伊王島へは、バスで行く方法tフェリーで行く方法がありますが、個人的には『フェリー』で行くことをおすすめします!
フェリーで行くことをおすすめする理由は、この記事に書いてあるので、良かったら読んでみて下さい!

Gallery

SONY α6000 で撮影した観光地のPhoto Galleryです!
※photoshopで現像済み

▼α6000の記事はこちらから!単焦点レンズや広角レンズの紹介もしてます!

 

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長崎駅から1時間程で行くけて、十分なリゾート施設だと思います!
特に、
ゆっくりしたい!
のんびりしたい!
という方にはうってつけではないでしょうか?

さらに子供と行っても楽しめ、
ペットと行っても楽しめる様になっています!

特に泊まらなくても、
温泉は日帰りで入れるのが良いですね!
長崎に住んでたら毎週行きたいレベルです(笑)
アイランド長崎はまだまだ発展途上なため、
今後の発展が楽しみですね!

ぜひリゾート地でゆっくり過ごしたい方は行ってみてください!

▼『i+Land nagasaki』の予約はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました