まるで絵画!夕日が綺麗過ぎる佐賀の『浜野浦の棚田』!”日本の棚田百景”にも選出!

浜野浦の棚田アイキャッチ佐賀
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

『棚田』を観に行ったことはありますか?
段々になった水の張った田んぼに反射した夕焼けがとても綺麗です!

この記事では、佐賀県玄海町にある『浜野浦の棚田』をご紹介します!
「日本の棚田百景」にも選ばれた絶景です!

旅行日付は2017年4月30日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

浜野浦の棚田とは?

浜野浦の棚田

佐賀県玄海町にある棚田で、最近は絶景スポットとして有名になっています!
『浜野浦の棚田』は、“日本の棚田百選”にも選ばれています!

名称浜野浦の棚田
住所〒847-1433 佐賀県東松浦郡玄海町大字浜野浦
料金無料
駐車場有り
所要時間沈んでいく夕陽を全て観るなら2時間

「棚田」って?

棚田とは、傾斜地にある田んぼの事で、
斜めになっているところに、水平な小さい田んぼをいくつも作ってあります。

浜野浦の棚田17:00

なぜこの棚田が絶景スポットと呼ばれているかというと、
西側の海に面したところにあり、夕日が田んぼに反射して、
まるで絵画の様な絶景を生み出すからです。

見頃はいつ?

棚田の絶景は、田んぼに張られた水が反射して生み出します!
つまり見頃は、稲作を始め、田んぼに水を張る、4月下旬から5月上旬の頃になります!
私は2017年の 4月30日に行きました!

写真好きは、是非1度訪れることをお勧めします!

スポンサーリンク

棚田観賞用の展望台がある!

『浜野浦の棚田』には、棚田を観る為の展望台があります!
展望台は綺麗に整備されていて、ゆっくり夕焼けに染まる棚田を鑑賞できます!

棚田の情景を時間毎に紹介!

棚田の情景を時間ごとに紹介します!

[17:00] まだ明るいがカメラマンがたくさん!

浜野浦の棚田17:00

17時時点では、まだ夕焼けには程遠い時間です。
しかし、夕焼けでもなくても、棚田には見応えがありますね!

棚田には、絶景を見る為に展望台が用意されています。
この時間帯で既に三脚を立てて準備をしているカメラマンの方が多くいました。
最高のアングルで撮りたい場合は、早めに行って場所撮りをする必要があります。

[17:30] 徐々にオレンジ色へ…

浜野浦の棚田17:30

17時30分頃になると、ほんのりオレンジ色になってきました。
稲にも光が綺麗に当たって、輝いています!
少し成長した稲がとても幻想的です。

浜野浦の棚田17:30稲アップ

[18:00] どんどんオレンジ色に染まっていく!

浜野浦の棚田18;00

18時頃になると、海に太陽光が当たり綺麗に光が反射しています!
田んぼもだんだんオレンジ色になってきました!
この時間帯は、どんどん田んぼの表情が変わってきます。

[18:30] 綺麗なオレンジ色に!

浜野浦の棚田18:30
浜野浦の棚田18:30

18時30分頃になると、
かなりオレンジ色に染まりました!
この時間帯が綺麗に、
オレンジ色に染まるピークです!

夕日から真っすぐ棚田に線が伸びていてとても綺麗です!

夕日はみるみるうちにオレンジ色になっていくので、シャッターチャンスを逃さないように気を付けて下さい!

[19:00] 幻想的な景色がそこに!

浜野浦の棚田19:00

19時頃になると、オレンジ色になるピークは過ぎ、夕日のオレンジと空の青が混ざって、
紫色に染まっていました!

私は、ピークの時より、この時間帯の方が好きですね。
空のオレンジと紫と棚田のオレンジ色のコラボレーションが見事でした!

アクセス

博多駅から、車で1時間30分程で行くことが出来ます。
ただ棚田には、駐車場があまりないので、
早い時間に行くことをお勧めします!

私は16時30分頃に行きましたが、ギリギリ止めることができました。

博多駅から車で1時間30分

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかかでしたでしょうか?

佐賀県にある『浜野浦の棚田』は、正に絵画の様な絶景でした!
博多から1時間30分で行けて、この世のものとは言えない絶景を拝むことが出来ます!

ぜひ、写真が好きな人、絶景が好きな人、
幻想的な雰囲気が好きな人は、行ってみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました