野生の馬を間近で見れる!宮崎の『都井岬』に行ってきた!

都井岬アイキャッチ画像宮崎
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

宮崎県にある『都井岬』をご存じでしょうか?
『都井岬』はとても珍しい場所で、なんと野生の馬が生息している岬なのです!

そうです!『馬』です!あの『馬』です!
岬で暮らしている『馬』は2019年11月現在120頭程いるそうです!

旅行日付は2019年10月9日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

都井岬とは?

日本でも珍しい、野生の馬が生息している岬です!
宮崎県の最南端に位置し、串間市に属しています!

名称都井岬
住所〒888-0221 宮崎県串間市大字大納
料金入場時に協力金:400円
ビジターセンター:310円
駐車場ビジターセンター:数台
所要時間2時間

都井岬の「御崎馬」は、江戸時代に高鍋藩の秋月家が、串間市を中心に牧場を作り「馬」の生産をしたことが始まりで、現在では、人が手を加えない「野生」の状態で生活しています!

入口の門で入場料を払う

都井岬には「門」があり、そこで入場料(協力金400円)を払います。
この「門」は馬が、民家のある方へ行かないように設置しているそうです。

絶景のお出迎え!

入場門を通ってから少し行くと、絶景が出迎えてくれます!
「ようこそ都井岬へ」山道を抜けて現れたのは海岸沿いの絶景です!見渡す限りの海!海!海!

まるで天国にいるような景色です!
解放感と爽快感が最高です!

都井岬絶景
スポンサーリンク

野生の馬がいる!

都井岬と言えばやはり「野生の馬」です!
『御崎馬』と言い国の天然記念物に指定されています。

都井岬の歴史は古く、江戸時代にまで遡ります。
1600年頃から高鍋藩の秋月家が牧場を作ったことに始まります。

その後、この場所で放牧されて現在に至るそうです。

江戸時代からとは。。。そんなに歴史のある場所とは知らなかったです!

当たり前の様に馬がいる!

入口の絶景を見て、天国にいるかの様な気分味わった後、「よし!馬はどこいるのかな?探そう!」と思って車を少し走らせたその瞬間!

いました!!!

都井岬馬

馬が当たり前の様にいます!
しかも車を避けてくれたりしないです(笑)
何も無いように草を食べ続けています!

馬の世界に人が迷い込んだように、人の存在は無いもの同然です。。。

馬は全部で120頭程!

2019年現在、都井岬には「120頭」程の馬が生息しているそうです!
「120頭」もいるなんてびっくりです!

しかも人間が育てて、馬を増やしているわけではなく、自然に任せていて、完全に野生なのです!

完全に野生!

都井岬の馬

都井岬にいる馬は、飼育されているわけではありません!
人の手が介入しない、完全なる野生なのです!

出産も自然!

都井岬では、毎年十数頭ほども子供が生まれるそうですが、なんと出産時も人間は手を貸したりはしないそうです!自然に生まれ自然に育っていくんだそうです!

しかし、自然にしているが故、無くなる子供もいるそうで。。。
野生の馬なので、人間は手を出さないのですが、それをわかっていても死んでいく馬を見るのは悲しいですね。。。

調査のみ人がする!

ただ1年に1回、馬の健康診断や、寄生虫の駆除などを目的として、人が手を加えることになっています。逆に言うと人が手を加えるのはこの1回のみ!

そしてこれは恒例行事になっていて『馬追い』と言います!
文字通り「馬を追って」1か所に集めて、健康診断などを行う年に1度のイベントです。

馬追いに参加できる!

実は『馬追い』に一般の方も参加できます
2019年は10/5に実施されました!

ちなみに『馬追い』の後、数日間は、馬は姿を消し、人前には表れにくいそうなので、行く時に調べていった方が安全です。

1日中食事している!?

都井岬の馬は、ずーーーーーっと草を食べています(笑)
どこで出会ってもずっと食事中です。

それはなぜかというと、飼育されている馬は、餌を与えられているので、餌の量は十分なのですが、都井岬の馬は、餌を与えられているわけではないので、ずっと餌を食べていないと、必要な食事の量を取れないんだそうです。スタッフさんに尋ねると、大体起きている間はずっと食事をしているそうです。

馬の1日は、寝て、起きて、食べて、移動しての繰り返しだそうです。

近づくときは要注意!

都井岬 御崎馬

馬に近づくときは、本当に注意して下さい!

想像以上に大きいです。
蹴られたらケガでは済まないです。

そして人を怖がったりせず、いないものとして扱われるので、平気で近くに寄ってきます。車も怖がらないです。

恐怖体験…

ビジターセンターから車で帰ろうとした時、その恐怖は訪れました。。。
ビジターセンタに馬が集まっていたので、観察していました。

都井岬馬

すると突如、1頭の馬が足を振り上げ、別の馬を『バンッ!!!』と蹴ったのです!

思いのほか音が大きく、少し怖くなり、帰ろうと振り返った瞬間!目の前に馬の顔が!

挟み撃ちです!

急いで、車に逃げ込みました。

目の前で見る馬は、とても大きく、生命力というか、圧倒的迫力があり、正直怖かったです。。。

馬としてはただ歩いていただけでしょうが。。。

ちょっと離れた所から見る分には、かっこよく、可愛く、最高なのですが、、、近づくときは本当に注意して下さい。

都井岬ビジターセンターで学ぼう!

都井岬ビジターセンター

都井岬ビジターセンターは、都井岬の歴史や、環境、馬について学べるようになっています。
入館料は『310円』で、スタッフさんが、いろいろ説明をしてくれます。

馬の生態や、都井岬の歴史を、フリップで説明してくれたり、クイズを出してくれたり楽しく学ぶことが出来ます!ビジターセンターで話を聞いて、学んでから馬を見ると、何倍も楽しくなりますよ!

本物の馬の骨!?

入口に馬の頭蓋骨が置いてあったのですが、当然模型だと思っていたら。。。なんと本物の頭蓋骨でした!なかなかの衝撃です!

都井岬紹介ビデオも見れる!

センター内には、大きなプロジェクターがあり、都井岬の紹介ビデオも見ることが出来ます!
都井岬の生態系や、馬追いの映像などを見ることが出来ます!

都井岬灯台も凄い!

都井岬の見どころは『野生の馬』だけではありません!
都井岬には、なんと登ることのできる灯台、『都井岬灯台』もあるんです!

アクセス

宮崎駅から車で約2時間

Gallery

SONY α6000 で撮影した観光地のPhoto Galleryです!
※photoshopで現像済み

▼α6000の記事はこちらから!単焦点レンズや広角レンズの紹介もしてます!

 

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

野生の馬が生息する『都井岬』!
当たり前の様に馬が道路を歩いていて、まるで日本ではないかの様…
何なら人の世界ですらなく、馬の世界に迷い込んだかのような気持ちになります!

こんなに間近で野生の馬が見れるのはとても貴重な体験でした!

動物が好きだと言う方は、ぜひ1度行ってみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました