わらび餅専門店「萩ノ早蕨」で贅沢な時間を!萩城下町散策で訪れてみて!【萩市】

萩ノ早蕨 山口

萩ノ早蕨」は、山口県萩市の城下町の一角にあるわらび餅専門店です!

店内で食べることもテイクアウトもできるので萩城下町散策におすすめのお店です!

管理人
管理人
では、紹介していきます!
※旅行日付は2024年2月25日です。この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。訪れる際にはご注意ください。

記事内に広告が含まれています。

「萩ノ早蕨」とは?

萩ノ早蕨

萩ノ早蕨」は、山口県萩市の城下町にあるわらび餅専門店です!

名称萩ノ早蕨(読み方:はぎのさわらび)
住所〒758-0072
山口県萩市大字呉服町二丁目58
駐車場萩中央公園:146台
所要時間約15分
公式サイトhttps://haginosawarabi.com/

「萩ノ早蕨」の魅力

①わらび餅専門店

萩ノ早蕨

「萩ノ早蕨」は、萩の城下町、萩中央公園の近くにある「わらび餅専門店」です!

持ち帰り用の商品の他に、お店前で頂ける商品も、テイクアウトの商品もあります!

種類も豊富で、わらび餅を使用した、かき氷やドリンク、ソフトクリームまであります!

萩ノ早蕨

私が頂いたのは、シンプルなわらび餅!

お店の前で頂きました!萩城下町散策で疲れた体には、甘いわらび餅が染みわたります。

目の前には白壁もあり、雰囲気がとても良く、のんびりした贅沢な時間を過ごすことができました。

②萩城下町の散策時におすすめ!

萩城下町

「萩ノ早蕨」があるのは、山口県萩市にある「萩城下町」の一角。

萩の城下町には、明治維新に活躍した「木戸孝允」や「高杉晋作」の生家があり、現在も江戸時代の雰囲気を残した街並みが魅力的です。

萩城下町

ただ街を歩くだけでも、まるで江戸時代にタイムスリップしたような体験ができるのですが、それだけでなく武家屋敷や商家の見学をすることもできます!

萩の街を散策するなら「萩市文化財施設1日券」がおすすめです!

木戸孝允の旧宅など9施設を310円で入場することができる共通券になっています!

萩の街を散策して小腹が空いたら、ぜひ「萩ノ早蕨」に立ち寄ってみてください!

アクセス

「松下村塾」から「萩ノ早蕨」までは車で約10分で行くことができます!

福岡県の「博多駅」、大分県の「大分駅」、山口県の「新山口駅(遠方から新幹線で来る人向け)」から「松下村塾」までのアクセスについては、こちらで詳しく解説しています。

訪れる際の参考にしてください!

駐車場(萩中央公園駐車場)146台

「萩ノ早蕨」へ行くには「萩中央公園の駐車場」がおすすめです。

駐車場の場所はここです。

146台も停められる大きくて綺麗な駐車場です。

ここから「萩ノ早蕨」までは、徒歩1分です!

駐車場は共通料金で利用可!

この「萩中央公園」と「萩博物館前駐車場」「萩・明倫センター駐車場」は、どれか1つを利用すると、2か所目以降は、領収書を見せれば「無料」で駐車することができます。

駐車場の料金は「310円」です。

詳細は萩市観光協会公式サイトをご覧ください。駐車場もマップもあります。

まとめ

山口県萩市の城下町の一角にあるわらび餅専門店「萩ノ早蕨」を紹介しました!

店内で食べることもテイクアウトもできるので、萩城下町散策におすすめのお店です!

散策で疲れた体に甘いわらび餅は染みわたります!

ぜひ立ち寄ってみてください!

管理人
管理人
良い旅を!

他の観光スポットも探す!

美味しいご飯を食べたい人

山口県の観光スポットを探す!

おすすめ本


【永遠に推したい一冊】

アラスカを撮り続けた写真家。写真が一切登場しないことに驚く。星野さんの文章はとても静かで、読むと心がとても穏やかになり、晴れ晴れとし、そして少し寂しくなる。

山口
\この記事をシェアする/
タイトルとURLをコピーしました