「黄牛の滝」へのアクセスを解説!福岡・熊本・大分からおすすめのドライブルートを紹介!【竹田市】

黄牛の滝へのアクセス大分
この記事は約10分で読めます。
【2023年版
 最大20%OFFの全国旅行支援はこちら

黄牛あめうしの滝」は、大分県竹田市にある神秘的な絶景を楽しめる穴場の観光スポットです!

この記事では、福岡県の「博多駅」、熊本県の「熊本駅」、大分県の「大分駅」から、超穴場スポット「黄牛あめうしの滝」へのアクセスについて解説します!

黄牛の滝」は、大分県民でもなかなか知らない超穴場の観光スポットですが、無料の駐車場も整備されているので、行きやすい観光スポットです!

では!
解説していきます!

スポンサーリンク

「黄牛の滝」へのアクセス

黄牛の滝へのアクセス

「黄牛の滝」は、大分県竹田市にあります!

竹田市は、阿蘇山の東側にある町で、大分駅と熊本駅のちょうど真ん中くらいの位置にあります!公共交通機関だと行きづらい場所にあるので、車で行く事をおすすめします!

それぞれの駅から「高速道路」を利用する場合、「下道」で行く場合のルートを解説します!

①【福岡県】博多駅からのアクセス

博多駅から黄牛の滝へのアクセス

博多駅から行く場合は、高速道路を利用するルート下道で行くルートがあります!

ルート所要時間料金
高速道路
(半道橋IC~日田IC)
約2時間30分平日:2,350円
土曜:1,790円
日祝:1,760円
下道約3時間30分0円
※2023/1/20時点

1.高速道路

博多駅から黄牛の滝へのアクセス(高速)

▼博多駅から「黒川温泉」までの全ルート(高速)

博多駅から高速道路を利用して行く場合は「半道橋IC」から都市高速に乗るのがおすすめです!そこから九州自動車道に入り「鳥栖JCT」で1番左のレーンを進み「大分方面」へ進んでください。ここから「大分自動車道」へ入っていきます。

大分自動車道を進み、大分県の「日田IC」で降りてください!そこから国道212号線を進み日田の街を抜け、熊本県小国町の方へ進みます!ここからの道は少し道幅が狭い場所もあるので、注意して運転してください!

小国町に行く途中に、ぜひ寄ってほしい場所があります!それは道の駅「おおやま」です!道の駅「おおやま」には、別冊少年マガジンで連載されていた漫画「進撃の巨人」のミュージアム、「進撃の巨人ミュージアム」があるんです!しかも無料!ファンは必見です!

道の駅「おおやま」から少し進むと、小国町に入ります。小国町に入ると、まず鯉のぼりで有名な「杖立温泉」が見えてきます!

▼日田ICから杖立温泉までのルート

毎年4月から5月にかけて温泉街をたくさんの「鯉のぼり」が泳ぎます!

杖立温泉から、さらに国道212号線を進むと小国の街に到着します!↓のマップの交差点で左折を2度繰り返し、道の駅「小国」の隣を通り、その先を右折し国道442号へ入っていってください!

▼道の駅「小国」を通過するルート

そこから国道442号を進んで行くと、途中に露天風呂が有名な温泉街「黒川温泉」があります!黒川温泉を通り過ぎ、瀬の本高原の交差点を直進してください!

そして瀬の本高原から20分ほどである交差点を右折してください。「黄牛の滝」もしくは「稲葉ダム」を目印に行くとわかりやすいと思います!

▼国道442号から駐車場までのルート

駐車場までは、行き違いができる道幅はあるので、とくに運転は難しくないと思います。

「黒川温泉」までのチェックポイント
  • 半道橋ICから都市高速に乗る
  • 都市高速から九州自動車道に乗る
  • 鳥栖JCT大分方面
  • 日田ICで降りる
  • 国道212号を小国町方面へ進む
  • 道の駅「小国」の横を通り国道387号
  • 右折し国道442号
  • 黄牛の滝に到着!

所要時間は「約2時間」!高速道路を利用すると、2時間30分ほどなので、日帰りでも行くことができます!

2.下道

博多駅から黄牛の滝へのアクセス(下道)

▼博多駅から「黄牛の滝」までの全ルート(下道)

博多駅から下道で行く場合は、まず下道で朝倉市へ向かってください。朝倉市へは国道3号線がおすすめです!朝倉市からは、国道386号線でうきは市へ向かってください。そこから国道210号線で日田市の方へ進みます。

国道210号線をそのまま進むと「サッポロビール九州日田工場」が見えてきます!そこを過ぎて交差点を右折し国道212号線に入っていきます。ここからの道は少し道幅が狭い場所もあるので、注意して運転してください!

▼日田から杖立温泉までのルート

小国町に行く途中に、ぜひ寄ってほしい場所があります!それは道の駅「おおやま」です!道の駅「おおやま」には、別冊少年マガジンで連載されていた漫画「進撃の巨人」のミュージアム、「進撃の巨人ミュージアム」があるんです!しかも無料!ファンは必見です!

道の駅「おおやま」から少し進むと、小国町に入ります。小国町に入ると、まず鯉のぼりで有名な「杖立温泉」が見えてきます!

小国町に入ると、まず鯉のぼりで有名な「杖立温泉」が見えてきます!毎年4月から5月にかけて温泉街をたくさんの「鯉のぼり」が泳ぎます!

杖立温泉から、さらに国道212号線を進むと小国の街に到着します!↓のマップの交差点で左折を2度繰り返し、道の駅「小国」の隣を通り、その先を右折し国道442号へ入っていきます!

そこから国道442号を進んで行くと、途中に露天風呂が有名な温泉街「黒川温泉」があります!黒川温泉を通り過ぎ、瀬の本高原の交差点を直進してください!

そして瀬の本高原から20分ほどである交差点を右折してください。「黄牛の滝」もしくは「稲葉ダム」を目印に行くとわかりやすいと思います!

▼国道442号から駐車場までのルート

駐車場までは、行き違いができる道幅はあるので、とくに運転は難しくないと思います。

「黄牛の滝」までのチェックポイント
  • 朝倉方面へ下道(国道3号線)で進む
  • 国道386号うきは市方面へ進む
  • 国道210号日田市へ向かう
  • 国道212号小国町方面へ進む
  • 道の駅「小国」の横を通り国道387号
  • 右折し国道442号
  • 黄牛の滝に到着!

所要時間は「約3時間30分」!下道だと「日帰り」は少し厳しいかもしれないので、近くの「黒川温泉」に泊まるのがおすすめです!

▼「黒川温泉」の温泉旅館を探す!

②【熊本県】熊本駅からのアクセス

熊本駅から黄牛の滝へのアクセス

熊本駅から行く場合は、下道で行くルートがおすすめです!

1.下道

熊本駅から下道で行く場合は「国道57号」の方へ向かい、「国道57号」をまっすぐ阿蘇の方へ進向かってください!

▼熊本駅から「黄牛の滝」までの全ルート(下道)

国道57号で阿蘇に進むと途中に道の駅「阿蘇」があります!ここの「阿蘇プレミアムホットドッグ」は、かなりおすすめです!ぜひ寄ってみてください!

道の駅阿蘇のホットドッグ
▲阿蘇プレミアムホットドッグ

道の駅「阿蘇」を過ぎて、そのまま国道57号で大分県竹田市の方へ進んでください!そのまま竹田市へ入り道の駅「すごう」の先の交差点を左折してください。

▼国道57号から駐車場へのルート

道の駅「すごう」を左折した後は、すぐに右折して県道638号へ向かってください。県道638号からは約3分で着きます!「黄牛の滝」か「稲葉ダム」の看板を目印に進んでください。

▼県道638号から駐車場までのルート

駐車場までの道は、行き違いができる道幅はあるので、とくに運転は難しくないと思います。

「黄牛の滝」までのチェックポイント
  • 国道57号を進む
  • 熊本ICの前を通りすぎる
  • 道の駅「阿蘇」を通りすぎる
  • 道の駅「すごう」を左折する
  • 県道638号を進む
  • 黄牛の滝に到着!

所要時間は「約2時間」!熊本駅からだと日帰りで行くことができます!

③【大分県】大分駅からのアクセス

大分駅から黄牛の滝へのアクセス

大分駅から行く場合は、下道(中九州横断道路経由)で行くルートと下道(長湯温泉経由)で行くルートがあります!

1.下道(中九州横断道路経由)

大分駅から黄牛の滝へのアクセス(下道①)

大分駅から下道(中九州横断道路経由)で行く場合は、国道10号を豊後大野市の方へ進んでください!

▼大分駅から「黄牛の滝」までの全ルート(下道)

犬飼町の「犬飼IC」から国道57号線の「中九州横断道路」に乗り「竹田IC」で降ります!

▼中九州横断道路

そこから国道57号に入るのですが、すぐに右折して国道442号を進んでください!

▼国道57号から国道442号へ右折するルート

国道442号を進み、途中の道の駅「竹田」を過ぎた後の交差点で左折をしてください。そして次の交差点を右折して県道638号を進んでください。「黄牛の滝」か「稲葉ダム」の看板を目印にするとわかりやすいです。

▼県道638号から駐車場までのルート

駐車場までの道は、行き違いができる道幅はあるので、とくに運転は難しくないと思います。

「黄牛の滝」までのチェックポイント
  • 国道10号を豊後大野市方面へ進む
  • 犬飼ICから国道57号(中九州横断道路)に乗る
  • 竹田ICで降りる
  • 国道57号を進む
  • 国道442号を進む
  • 県道638号を進む
  • 黄牛の滝に到着!

所要時間は「約1時間15分」!大分駅からだと日帰りでも十分に行ける距離です!

2.下道(長湯温泉経由

大分駅から黄牛の滝へのアクセス(下道②)

大分駅から下道(長湯温泉経由)で行く場合は、大道トンネルを過ぎた先で右折して国道442号へ進みます!

▼大分駅から「黄牛の滝」までの全ルート(下道)

そこからサンリブわさだ店を右手に見ながら野津原方面へ向かいます!道の駅「のつはる」へ行く途中で右折し県道412号へ!県道412号の途中で右折して「長湯温泉(県道30号沿い)」の方へ向かいます!看板があるので見逃さないように注意してください!

▼野津原から長湯温泉まで

県道30号を進むと左手に「長湯温泉」が見えます!「長湯温泉」の近くには、春になると2000本以上に桜を楽しめる「長湯温泉しだれ桜の里」があります!一面に広がる桜は圧巻の光景です!

長湯温泉しだれ桜の里
▲長湯温泉しだれ桜の里

長湯温泉にはラムネの様な泡が体験できる炭酸泉のある「ラムネ温泉」もあります!「長湯温泉」を過ぎて県道30号を進み、突き当りを左折し国道442号へ入ります!

▼国道442号から駐車場までのルート

駐車場までは、行き違いができる道幅はあるので、とくに運転は難しくないと思います。

「黄牛の滝」までのチェックポイント
  • 国道210号で大道トンネルを通る
  • 右折し国道442号で野津原方面へ
  • 右折し県道412号で長湯温泉方面へ
  • 左折し県道30号へ(長湯温泉が左手に見える)
  • 左折し国道442号を進む
  • 黄牛の滝に到着!

所要時間は「約1時間15分」!大分駅からだと日帰りでも十分に行ける距離です!

黄牛の滝には無料駐車場あり!

黄牛の滝 駐車場

「黄牛の滝」には、10台程停められる無料駐車場があります!

駐車台数
約10台

場所はここです!
「黄牛の滝」へは歩いて5分程で行ける場所にあります!

駐車場付近は狭い道が多いので要注意!

駐車場へ行くには、狭い道が多いです!

おすすめなのはこのルート!

県道638号」から入って行くと、比較的大きい道で行くことが出来ます!他の道だと「行き違い(離合)」が難しい程に狭い道なので、お気を付けください!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

大分県竹田市にある「黄牛の滝」へのアクセスについて紹介しました!

福岡・大分・熊本からは、1時間~3時間程で行く事が出来るので、日帰りでも行く事のできる観光スポットです!公共交通機関では行きづらいので、車で行くのがおすすめです!

ぜひ行ってみてください!

良い旅を!

おすすめの「ふるさと納税」

大分県竹田市