日本一小さな城下町「森町」を散策!日本のアンデルセン「久留島武彦」の故郷【玖珠町】

「森町」城下町のレトロな街並み 大分

森町」は、大分県玖珠町にある城下町です!

日本のアンデルセンと呼ばれた「久留島武彦くるしまたけひこ」の出身地であり、城下町にはレトロな街並みが残るだけでなく、桃太郎や浦島太郎などの童話の像もあります。

建物の隙間からは、不思議な形をした「大岩扇山おおがんせんざん」も見え、歴史や文化だけでなく、自然も感じられる観光スポットです!

管理人
管理人
では、紹介していきます!
※旅行日付は2023年11月4日です。この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。訪れる際にはご注意ください。

記事内に広告が含まれています。

期間限定クーポン
旅行にお得な期間限定クーポンこちら

スポンサーリンク

城下町「森町」とは?

「森町」城下町のレトロな街並み

森町」は、大分県玖珠町にある城下町です!

名称城下町「森町」
住所〒879-4404
大分県玖珠郡玖珠町森
駐車場[無料] 約10台
所要時間約30分

玖珠ICから車で3分の場所にあります。

城下町「森町」の魅力

①日本一小さな城下町

森町の城下町は、「日本一小さな城下町」と言われています。角牟礼城跡にある展望台から見るとこんな感じです。眼下にある街が「森町」です!

角牟礼城跡 展望台
▲角牟礼城跡の展望台から観た「森町」

よく見てみると街の中央を一本の道が通っているのが分かると思います。この通りに、レトロな街並みが今なお残っています。

②レトロな街並み

「森町」城下町のレトロな街並み

「森町」には、レトロな街並みが残っています。一歩足を踏み入れると、ノスタルジックな雰囲気が漂い、どこか懐かしさを感じます。

「森町」城下町のレトロな街並み

角牟礼城跡から見た中央の一本道がこの場所です。ちなみに車も通る道なのでお気を付けください。

「森町」城下町のレトロな街並み 旧森郵便局
▲旧森郵便局

道沿いに建ち並ぶレトロな建物が魅力的です。上の建物は昔の郵便局だそうです。無機質な建物でなく、趣を感じます。

「森町」城下町のレトロな街並み 旧荒木本家
▲旧荒木本家

こちらは白壁造りの建物。城下町にお馴染みの建物です。白壁がとても美しく魅力的なのですが、個人的に気になるのは、2階部分のこの窓たち。

「森町」城下町のレトロな街並み 旧荒木本家

なんでしょう。このガラスではない、あまり見慣れない扉に惹かれてしまいます。

「森町」城下町のレトロな街並み 大岩扇山

街を歩いていると建物の隙間から「大岩扇山おおがんせんざん」が見えていました。レトロな建物の後ろに、雄大な自然のある光景には、目を奪われてしまいます。

大岩扇山
▲三島公園から観た「大岩扇山」

城下町の端にある三島公園からだと「大岩扇山おおがんせんざん」の全景を観ることができました。

ここから見ると「ギアナ高地」みたいな形をしていてかっこいいですね!このような形の山を「メサ(卓状台地)」と呼ぶそうです。

”メサ”とは、固さの違う地質が隣接してあると、柔らかい方が早く風化されてなくなり、固い地質部分が残る(※差別浸食)ことで作られた、”テーブル上の台地”のことです。

玖珠町観光協会

同じ玖珠町にある「伐株山きりかぶさん」「万年山はねやま」も「メサ」なんだそうです。不思議な形です。

「森町」城下町のレトロな街並み

城下町のすぐ近くに見える山は「角牟礼城跡」のある「角埋山つのむれやま」です。こちらは尖った形をしています。

「森町」城下町のレトロな街並み

歩いていると、おそらく現役である円柱の郵便ポストにも出会い、過去の日本を見ているようで、趣を感じました。

③童話の像

「森町」城下町のレトロな街並み 総和の像 金太郎
▲金太郎像

玖珠町は「日本のアンデルセン」と呼ばれた「久留島武彦くるしまたけひこ」の出身地であり、「童話の里」とも呼ばれています。

「日本のアンデルセン」と呼ばれた久留島武彦は、明治・大正・昭和の三代にわたって、人が人として共に生きていく上で、必要な教えを楽しいお話にのせて子どもたちに語り聞かせた教育者です。

久留島武彦記念館

その為、城下町にはいくつもの「童話の像」が建てられています!

「森町」城下町のレトロな街並み 浦島太郎
▲浦島太郎

道を歩いていると、次々と童話のキャラクターたちに出会えます。これは「浦島太郎」。

「森町」城下町のレトロな街並み 鬼の像

旧森郵便局前には「おに」がいました。

「森町」城下町のレトロな街並み 一寸法師

こちらは「一寸法師」。

「森町」城下町のレトロな街並み かぐや姫
▲かぐや姫

竹から出てきた「かぐや姫」も。

「森町」城下町のレトロな街並み 桃太郎

城下町の入り口には、堂々とした「桃太郎」が。

「森町」城下町のレトロな街並み 久留島武彦

そして「久留島武彦」像も。

レトロな街並みだけでなく、建物の隙間から見える「大岩扇山」や「角埋山」などの自然、童話の像などの文化も感じる城下町でした。

アクセス

大分駅から「森町」まで、高速道路を利用すると約1時間、下道だと1時間30分ほどで行くことができます。

博多駅から「森町」まで、高速道路を利用すると1時間20分ほど、下道だと2時間30分ほどで行くことができます。

駐車場

場所はここです!

10台ほど停められるスペースがあります。

「森町」城下町のレトロな街並み 駐車場

利用時間は10時~16時だそうです。

まとめ

大分県玖珠町にある城下町「森町」を紹介しました!

日本のアンデルセンと呼ばれた「久留島武彦くるしまたけひこ」の出身地であり、城下町にはレトロな街並みが残るだけでなく、童話の像もあり、懐かしさを感じる場所でした。

建物の隙間からは、不思議な形をした「大岩扇山おおがんせんざん」も見え、歴史や文化だけでなく、自然も感じられる観光スポットです!

ぜひ訪れてみてください!

管理人
管理人
良い旅を!

他の観光スポットも探す!

日本を味わいたい人

のんびり旅をしたい人

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました