船に「こたつ」!?冬の福岡『柳川川下り』が最高!

柳川川下りアイキャッチ画像福岡
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

『川下り』ってしたことありますか?

「嵐山の保津川下り」や「熊本人吉の球磨川下り」など、実際の川を下るものが有名ですが、
今回紹介するのは、お城の堀を船で進む、福岡の『柳川川下り』です!

普通の川を下る川下りとは、一味違った体験をすることが出来ます!

旅行日付は2016年1月10日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

柳川川下りとは

柳川川下り

福岡県の柳川市にあった『柳川城』の堀を川で巡る川下りです!

『柳川城』は江戸時代に、筑後を治めていた「蒲池氏」によって築城したと言われています。
堀を城内や町にも張り巡らし、難攻不落と謳われていたそうです。

現在は天守閣はありませんが、堀は当時のまま残っており、そこを巡るのが『柳川川下り』です。

柳川市は、福岡と佐賀の県境にあります。
福岡市からだと、電車で約50分のところにあります。

スポンサーリンク

見どころ

「柳川川下り」にはおすすめしたい見どころがあります!

情緒あふれる景色

柳川川下り

1つ目の見どころは何と言っても「情緒あふれる景色」です!
ひとたび船に乗れば、道から見ている景色とは違い、見える景色は江戸時代にタイムスリップした様です!

狭い水門

2つ目の見どころは、『幅の狭い水門』です!

『柳川川下り』には、通常の川下りとは違い、かなり狭い水門を通る道もあります!
これはお堀巡りならではの楽しみです。

この狭い隙間を、まぁまぁのスピードで駆け抜けます!
船頭さんの腕は流石です!

ぜひ体験して下さい!

柳川川下り水門

船頭さん

3つ目の見どころは『船頭さん』です!

船を漕ぎ、狭い通路をまあまあのスピードで駆け抜けるその技術!
なんとそれを1本の竿で行っているので驚きです!

川内川下り船頭さん

この細い竿のみで船を操っています!
景色を見るのも楽しいですが、この船頭さんの竿捌きも見応えがあります!

そしてその技術はさることながら、船頭さんは接客も一流です!
船を漕ぎながら案内をしてくれるのですが、話がとても面白いです!
話を聞くだけでも楽しむことが出来ます!

話はぜひ現地でお楽しみください!

到着地

4つ目の見どころは「到着地」です!
ここの景色は、江戸時代にタイムスリップした様な景色です!

柳川川下り

柳が堀に沿って植えられており、とても情緒あふれる景色となっています。
そして川下りの到着地には、お店が多数存在しています。
有名なのは『鰻』です!
この辺り一帯には鰻屋さんがたくさんあります!

ぜひご賞味ください!

冬限定!船にこたつ!

この記事のタイトルにもなっているのですが、なんと冬の川下りでは、船に『こたつ』があります!
一体どういうことかというと、こういうことです!

柳川川下りこたつ

船に『こたつ』です!
船の真ん中に机を置き、そこに『こたつ』を載せて、船の『こたつ』を実現しています!
まさか船の上で『こたつ』に入れるとは。。。
暖かいこたつと、肌寒い風と、綺麗な景色を同時に楽しめます!

始めに考え付いた人の発想が凄いです!

予約はこちらから!

「柳川 川下り」は、事前に予約することが出来ます!

▼【アソビュー!】『柳川 川下り』の予約はこちらから!

柳川への行き方

西鉄福岡駅から西鉄柳川駅まで約1時間

西鉄柳川駅から船乗り場まで徒歩5分

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

福岡柳川のお堀を巡る川下り!
冬には、船にこたつという珍しい体験をすることが出来ます!

また船頭さんの卓越した船の運転技術を楽しむことができ、
ゆっくりこたつに入りながら、素晴らしい景色を見て、船頭さんの技術と話を楽しむ!
1時間程のお堀巡りですが、見どころはたっぷりです!

ぜひ行ってみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました