【福岡×初心者向け撮影スポット】写真の練習になる観光地まとめ

福岡初心者向け撮影スポットカメラ
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

スポンサーリンク

カメラ初心者向けの撮影スポット紹介!

α6000と10-18mm 広角レンズ

この記事では、カメラを買ったけど、まだ写真を撮るのが慣れていない人向けに、福岡県の撮影スポットを紹介します!

「カメラを買ったは良いけど、なかなか旅行には出かけられない!」
そんなカメラ初心者の方向けに、いろいろなパターンの撮れる場所をまとめてます!

では!
紹介していきます!

スポンサーリンク

【福岡市】のこのしまアイランドパーク

のこのしまアイランドパーク

まず最初に紹介するのは、福岡市民の憩いの場である『のこのしまアイランドパーク』です!

名称のこのしまアイランドパーク in 能古島
住所〒819-0012 福岡県福岡市西区能古島
料金大人1,200円
駐車場あり(でも島なので車で行くのは大変)
所要時間半日

『のこのしまアイランドパーク』には、撮れるものがたくさんあります!

春は『菜の花』
夏は『ひまわり』
秋は『コスモス』

どの季節でも花を撮ることが出来ます!

春の能古島
▲春の能古島

しかも!
花も、小さい花から、ウサギの置物だったり、一面の菜の花畑だったり、色んなパターンで撮ることが出来ます!

春の能古島
▲春の能古島を望遠レンズで!

他にも色んな技法で撮ってみたり、例えば「前ボケ」

春の能古島
▲望遠レンズで「前ボケ」にしたチューリップ

能古島には、これでもかって程の花があるので、花を「前ボケ」に使って花を撮れるんです!こういう遊び心のある写真も撮りやすいです!

▼「望遠レンズ」の詳細はこちらから!

▲能古島のコスモス畑

もちろん、菜の花畑コスモス畑も撮れます!
離れて撮ったり、近づいて撮ったり、中に入ってみたり。。。
たぶん1日じゃ足りない程に、撮る場所があります!

そして、このコスモス畑の奥には『海』
もう、てんこ盛りです!

でも、まだあるんです!

能古島からみる夕焼け
▲能古島から見る夕焼け

そうなんです!
能古島からは夕焼けが綺麗に見れるんです!

明るい時間は『花』と『海』、そして夕方には『夕焼け』!
1日中楽しめるのが『能古島』です!

ちなみに「夜のライトアップ」をしている期間もあるので、その時は夜まで楽しむことが出来ますよ!

ただ船の時間だけは、お気を付けください!
帰れなくなっちゃうので!

「のこのしまアイランドパーク」で撮れるもの
  • 菜の花やコスモスの風景
  • 夕焼け

▼「のこのしまアイランドパーク」の観光情報はこちらから!

【福岡市】海の中道海浜公園

海の中道入口

『海の中道海浜公園』は、福岡県福岡市にある国営公園です!

名称海の中道海浜公園
住所〒811-0321 福岡県福岡市東区大字西戸崎18-25
料金大人 450円
中学生以下 無料
駐車場有料駐車場あり(公式サイト参照
所要時間半日~1日

ここは、春にはネモフィラ畑が広がります!

海の中道ネモフィラ畑
▲ネモフィラ畑

ネモフィラはもの凄く小さいです。
小さいのでピントを合わせるのが大変なんです!

海の中道海浜公園
▲小さいネモフィラに頑張ってピントを合わせた

でもこの小さいネモフィラにピントを合わせることが出来れば、もう怖いものなしですね!

そしておすすめは三脚を使う事です!
三脚についてはこちらの記事に書いてあるので参考にして下さい!

『海の中道海浜公園』にあるのは、花だけではありません!
なんと、動物園があるんです!

海の中道の動物園
▲海の中道の動物園のカピバラ

いままで紹介してきたのは「花」や「海」、つまり止まっているものです。
でも動物は違います。「動いてるんです」。

動くと何が大変かというと「シャッタースピード」を考えて撮る必要があるんです!
そして、カメラを動かして撮る技術!

もし失敗すると。。。

海の中道の猿
▲撮るの失敗した猿

こんな感じに。。。猿の頭が切れてるし、ピントもあってない。。。
実際に撮ってみないとなかなか難しいです!
そしてこういうのに慣れておかないと、シャッターチャンスは突然やって来て、あっという間に去っていきます!

こうならない様に、いろいろ設定や撮り方など試してみるのが良いです!

海の中道海浜公園
▲うまく撮れた写真!なぜか困り顔の猿!
「海の中道海浜公園」で撮れるもの
  • 花(主にネモフィラ)
  • 動物

【福岡市】福岡城

福岡城の桜

『福岡城』は、福岡県福岡市にある城跡です!

名称福岡城跡
住所〒810-0043 福岡県福岡市中央区城内1
料金無料(桜の時期は有料施設あり)
駐車場有料駐車場あり
所要時間半日

『福岡城』で撮れるのは、「桜」「石垣」です!
しかも「桜」は、夜のライトアップもあります!

福岡城の桜
▲「福岡城」の桜

春には「福岡城」では桜が咲き乱れます!
桜を撮るのは意外と難しいです!

遠くから撮るのか近くから撮るのか。桜を撮る事で写真の幅が広がります!

そして「お城」
福岡城には天守閣は無いですが「石垣」は残っています!

福岡城
▲福岡城の石垣

城跡は写真を撮るのに向いています!
なぜならどこを撮っても「絵」になるからです!

石垣を上から撮るのか?下から撮るのか?正面から撮るのか?など、いろいろ考えながら、工夫しながら撮る事で、撮影技術があがります!

というか楽しいです!

福岡城は「桜のライトアップ」も綺麗です!

福岡城の桜
▲ライトアップされた桜と福岡城

夜になると、桜とお城がライトアップされます!
ライトアップは撮るの難しいです!

シャッタースピードを遅くしないと綺麗に撮れないけど、手持ちで撮るとブレてしまう。三脚を使えれば使った方が綺麗に撮れるけど、人が多くて撮れない。

じゃあISOを上げて、シャッタースピードを速くして撮るか。など、いろいろ工夫することにより撮る練習になります!

福岡城の桜

桜のライトアップは、本当に綺麗です!
肉眼で見るとこんなに綺麗なのに写真で撮ると、観た感じと違う。。。

これを解消したくてどんどん写真が上手くなるんです!

「福岡城」で撮れるもの
  • お城
  • お城のライトアップ
  • 桜のライトアップ

【北九州市】門司港レトロ

門司港駅

『門司港レトロ』は、福岡県北九州市にある門司港駅を中心とした観光地です!

名称門司港レトロ
住所〒801-0841 福岡県北九州市門司区西海岸1丁目5-31
料金有料施設あり
駐車場あり
所要時間1日

『門司港レトロ』は、門司港駅を中心に、明治から昭和にかけて建てられた情緒あふれる建造物がたくさんあります!

門司港レトロ
▲門司港レトロ

しかも港町なので、海も綺麗です!

門司港
▲門司港

そしてこの海からは、綺麗な夕焼けが見れます!

門司港の夕焼け
▲門司港の夕焼け

夕焼けを撮る時には、明るさをどのくらいにするか、シルエットをどう作り出すか、など光の加減について練習することができます!

さらに!
門司港言えば「焼カレー」

門司港の焼カレー
▲門司港の焼きカレー

風景を撮るのとは、また違って、美味しそうに撮る方法を考えたりできるのがまた楽しいです!

▼焼きカレーを撮った「単焦点レンズ」の記事はこちらから!

「門司港レトロ」で撮れるもの
  • 門司港駅
  • 情緒あふれる街並み
  • 焼きカレー

【朝倉市】秋月城跡

秋月城跡

最後に紹介するのは、福岡県朝倉市にある『秋月城跡』です!

名称秋月城跡
住所〒838-0011 福岡県朝倉市秋月野鳥663
料金無料
駐車場有料駐車場あり
所要時間2時間

「秋月城跡」は、「桜」「紅葉」の名所です!

秋月城跡
▲紅葉前の秋月城跡

秋月城跡は、紅葉に囲まれています!
城跡へ行く道、長門門の周り、天守閣跡、そして「垂裕(すいよう)神社」!

秋月城跡
▲広角レンズで撮った「長門門」

秋月城では、紅葉と建物をどのように組み合わせて撮るのか、建物をメインにするのか?紅葉をメインにするのか?など、いろいろ考え、色んなバリエーションで撮れるのが楽しいです!

「秋月城跡」で撮れるもの
  • 城跡
  • 秋は「紅葉」
  • 春は「桜」

▼長門門を撮った「広角レンズ」の情報はこちらから!

▼「秋月城跡」の観光情報はこちらから!

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

福岡の「初心者向け撮影スポット」をご紹介しました!

カメラを買うと色んな所に出かけたいけど、なかなか旅行には行けない!
そんな人におすすめです!

特に、
「能古島」「海の中道海浜公園」は、色んなパターンの写真が撮れるので、いろいろ試してみるのにとても向いています!しかも遊べる!

近場で写真の撮り方に慣れておくと、旅行に行った時に、シャッターチャンスを逃さずに撮影できるようになりますよ!

ぜひ行ってみて下さい!

▼この記事で紹介した観光地の情報はこちらから!

タイトルとURLをコピーしました