「旧志免鉱業所竪坑櫓」で歴史を感じよう!戦前から令和まで残る志免町のシンボル【志免町】

旧志免鉱業所竪坑櫓 福岡
この記事は約3分で読めます。

旧志免鉱業所竪坑櫓」は、福岡県粕屋郡志免町にある国指定の重要文化財です!

博多駅から車で30分程の志免町にある戦前に作られた「竪坑櫓(たてこうやぐら)」で、1964年まで現役で働いていました!現在では、志免町総合福祉施設シーメイト内にあって、公園を含む観光スポットになっています!

では!
実際に行ってきたので、紹介していきます!

※旅行日付は2022年1月10日です。この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。訪れる際にはご注意ください。

「旧志免鉱業所竪坑櫓」とは?

旧志免鉱業所竪坑櫓

旧志免鉱業所竪坑櫓」は、福岡県志免町にある国指定の重要文化財です!

名称旧志免鉱業所竪坑櫓(読み方:きゅうしめこうぎょうしょたてこうやぐら)
住所〒811-2202 福岡県糟屋郡志免町志免495-3
料金無料
営業時間
駐車場[無料]
シーメイト:約200台
所要時間約15分

博多駅から車で30分の志免町にあります!戦前に作られ、令和の現在まで、その姿を残しています。

「旧志免鉱業所竪坑櫓」の見どころ!

①竪坑櫓とは?

旧志免鉱業所竪坑櫓

旧志免鉱業所竪坑櫓」は、1943年に竣工された「竪坑櫓(たてこうやぐら)」です!

旧志免鉱業所竪坑櫓

竪坑櫓」とは、地下で掘られた石炭を地上へ運ぶための作業を行っていた建物です!なんと、地下430mぼ場所から石炭を運んでいたんだそうです!

この竪坑櫓では、ケージと呼ばれる箱を使って抗員を地価の石炭層までおろし、そこで掘り出した石炭を地上へと運ぶ作業が行われていました。

現地の看板の説明より

つまりこの建物の下に、石炭層があって、地下深くまで降りて行って、作業を行っていたんですね!隣の木を観てもらうと、大きさが分かると思いますが、高さは47.6mもあります!

旧志免鉱業所竪坑櫓

つまり!この建物の何倍もの深さまで潜って作業をしていたんだそうです!とても信じられないです!

②戦前から現存するのは世界で3か所のみ!

旧志免鉱業所竪坑櫓

この「旧志免鉱業所竪坑櫓」は世界的に見ても貴重な建物なんだそうです!

現存するものは、世界中をみても志免、ベルギーのブレニー、中国の撫順だけといわれています。

現地の看板の説明より

なんと、世界でたった3箇所でしか残っていないんだそうです!この令和の時代まで、残っていることが凄いです。残してくださった方々に感謝ですね。

③国指定の重要文化財!

旧志免鉱業所竪坑櫓

2009年には、国の指定重要文化財にも登録されました!この建物を見ていると、当時の生きる強さというか、戦前から戦後にかけて日本を支えてきた大先輩たちの凄さを感じます。

旧志免鉱業所竪坑櫓

ずっと残していかなくてはいけないものなんだと、間近で見て強く感じました。

④志免町の街中にある!

旧志免鉱業所竪坑櫓

旧志免鉱業所竪坑櫓」は志免町の街中にあります!普通に周りは住宅街です!

近くには「イオンモール福岡」もあって、車でたった5分です!とても行きやすい場所にあるので、ぜひ一度行ってみて下さい!

アクセス

博多駅から「旧志免鉱業所竪坑櫓」まで、下道で約30分で行くことが出来ます!

駐車場

「旧志免鉱業所竪坑櫓」は、志免町総合福祉施設シーメイト内にあります!シーメイトには約200台も停めることのできる広い駐車場があります!

旧志免鉱業所竪坑櫓

まとめ

いかがでしたでしょうか!

福岡県粕屋郡志免町にある「旧志免鉱業所竪坑櫓」を紹介しました!

博多駅から車で30分程の志免町にある戦前に作られた「竪坑櫓(たてこうやぐら)」で、1964年まで現役で働いていました!間近で見ると、その大きさに驚愕します!

国の重要文化財にもしてされるほどの貴重な建造物なので、ぜひ1度見に行ってみて下さい!

良い旅を!

他の観光スポットも探す!