新選組結成の地!壬生屯所跡『八木家』!芹澤鴨の最期の地…

新選組八木家アイキャッチ画像京都
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

2004年の大河ドラマ『新選組!』を見て新選組が好きになりました!
今回は、新選組結成の地である『八木家』に行ってきたので、紹介します!

旅行日付は2015年2月1日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

新撰組とは

新選組 八木家 旗
新選組の『誠』の旗

『新選組』とは幕末京都の守護を行うために、
京都守護職『松平容保』によって結成されました。

幕府の為に京都を警護し、尊王攘夷派の志士を襲撃した『池田屋事件』で有名です。

元々は清河八郎により、13代将軍『徳川家茂』の警護を行うために集められた浪士組のメンバーで、将軍の警護で上洛します。

その時に、後の新選組局長『近藤勇』『芹沢鴨』らが宿泊したのが『八木家』です。
しかし浪士組は解散し、有志のみ京都に残り『壬生浪士組』と名乗ります。

その後、京都守護職『松平容保』の会津藩お預かりとなり、『新選組』と名乗るのです。

スポンサーリンク

八木家

新選組 八木家

案内ツアー

八木家では、
実際に新選組がいた当時の部屋が
そのまま残っていて、
案内ツアーを行っています。

そこには『芹沢鴨』が暗殺された部屋も
そのまま残っていて現地の方が案内してくれます。

芹澤鴨暗殺

新選組初代筆頭局長『芹沢鴨』は、
八木家で近藤勇らに暗殺されました。

なんと八木家には、
この時の戦いの柱傷が残っていて、
八木家の案内ツアーで見ることが出来ます。

また、芹沢鴨は部屋に置いてあった机に足を取られ、その隙に切られたそうです。
その時の机も当時の配置のまま残されていて見ることが出来ます。

八木家 – 公式HP

鶴屋 – 屯所餅 –

現在、八木家は『京都鶴屋』という和菓子屋さんを営んでいて、新選組屯所に因んで『屯所餅』が販売されています。
案内ツアーに参加すると、店内でお茶と屯所餅を頂くことが出来ます。

八木家の屯所餅

せっかくなので『壬生の城 最中』も買いました!

八木家の壬生の城最中

他にも和菓子はたくさんあるので、
行った際には、是非食べてみて下さい。

前川邸

前川邸

八木家の前には、
同様に新選組の屯所となっていた『前川邸』もあります。
こちらには、新選組のグッズが置いてあります。

前川邸入口
前川邸入口

前川邸にはいろいろお土産とかグッズとかが置いていましたが、
↓に一目惚れしてしまいました。。。

前川邸で買ったお土産

アクセス

JRの場合 電車4分 ⇒ 徒歩10分

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新選組の屯所として使われていた『八木家』。

その姿は現在にも受け継がれていて、
当時にタイムスリップした様な体験を味わうことが出来ます。

是非、新選組の歴史を少し勉強して、
訪れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました