【温泉】珍しい!ホワイトブルーの『豊礼の湯』!熊本の小国で露天風呂も家族風呂も地獄蒸しも!

豊礼の湯アイキャッチ画像熊本
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

温泉は好きですか?
私は温泉が大好きで、特に露天風呂!しかも眺めの良いインフィニティ風呂が大好きです!
旅行に行くときには、温泉のある場所を探して行ったりしています!

九州には魅力的な温泉があるのですが、
その中でも珍しい、熊本の小国町にあるホワイトブルーの温泉の『豊礼の湯』を紹介します!

旅行日付は2018年9月9日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

豊礼の湯とは?

熊本県阿蘇郡小国町わいた温泉郷にある温泉です!
温泉もあって、宿泊することも出来ます!

名称豊礼の湯
住所〒869-2504 熊本県阿蘇郡小国町大字西里
料金大浴場:500円
家族風呂:1,000円~1,500円
駐車場約30台
所要時間1時間

かなり山奥にあるので気を付けて下さい(笑)

宿泊は豊礼の宿!

宿泊施設は、「湯」ではなく『豊礼の宿』なのでお気を付けください!

【じゃらん】「豊礼の宿」の予約はこちらから
【じゃらん】「豊礼の宿」の予約はこちらから
スポンサーリンク

ホワイトブルーの温泉!

この温泉の特徴は何と言っても『ホワイトブルー』の温泉です!
公式サイトの温泉を見てもらうとわかるのですが、全く温泉は透き通ってなく、
青白い色をしています!

お風呂は大浴場と家族風呂があります!

どちらも小国の山が望める露天風呂になっています!ここの温泉は山の上にあって、山を見ながら入れる…いや山の中で入ってるって行った方が正しいですね(笑)
山の中で入る!山を感じることのできる温泉です!

【じゃらん】「豊礼の宿」の予約はこちらから
【じゃらん】「豊礼の宿」の予約はこちらから

大浴場

最高に気持ちいです!
20人位が入れる広さはあると思います。

少し深いくらいで、身長177cmの私が普通に座って肩まで浸かる位の深さでした。
温泉に浸かると、目の前には完全に「山」が見えます(笑)

青空と山が見えて、思わず立ち上がって外の景色を温泉の縁まで見に行く程に景色が綺麗です。
結構標高も高く、山頂と同じ高さ程もあるので、本当に山の中に湧き上がる天然の温泉に入っているような感覚になります。

洗い場は狭い…

ただ洗い場はあまり広くなく、あまり整っていない(別府とか湯布院とかの大衆浴場の感じ。スーパー銭湯の様にきちんと整備はされていない。)ですが、慣れてる人には快適です!

家族風呂

種類あって、露天風呂の『檜風呂』と『岩風呂』、そして内湯の『岩風呂』があります!
露天の岩風呂の広さは、成人男性が3人座れるほどの広さです。女性の場合は4人程は入ることが出来ます。

お湯は入れ替え制!

お湯は完全入れ替え制になっていて、お金を入れるとお湯が出てくるシステムになっています。
つまり確実に1番風呂を楽しむ事ができます!

洗い場は少し狭い…

洗い場は大浴場と同様に結構狭いです。
浴槽に浸かってゆっくりすることがメインなお風呂です。

地獄蒸しが出来る!

豊礼の湯では、温泉以外にも名物があります!

それが『地獄蒸し』です!

地獄蒸しとは、温泉の蒸気で一気に蒸し上げる料理で、卵だったり野菜だったり、肉だったりどんな食材でも「地獄蒸し」が出来ます!

別府では「ピザ」の地獄蒸しもあるほどです(笑)

手ぶらでOK!

宿泊、入浴をすると無料で地獄蒸し器を借りることが出来て、地獄蒸しを堪能することが出来ます!なんと食材は持ち込むことも出来るので、スーパーなどで買ってここで地獄蒸しを作ることが出来るのです!

私の場合は、キャンプで余った食材をここで地獄蒸しにして頂きました!

料金

種類料金時間
大浴場500円無制限
家族風呂露天風呂檜風呂1,500円1時間
岩風呂1,200円1時間
内湯岩風呂800円1時間

アクセス

道の駅阿蘇から車で1時間

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

熊本県の小国町にある温泉『豊礼の湯』!
山の中にあり大自然を味わいながら温泉に浸かり、ゆっくり休日を楽しむことが出来ます!

この温泉の為に小国町行くのは少し大変かもしれないので、
近くに行った時には、ぜひ寄ってみて下さい!

疲れも吹っ飛ぶと思います!

【じゃらん】『豊礼の宿』の予約はこちらから

タイトルとURLをコピーしました