福岡の筑後船小屋花火大会への行き方は新幹線がコスパ最強!在来線は激込みで大変!!!

九州新幹線日帰り2枚切符アイキャッチ画像福岡
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!
夏と言えば花火大会に行きたくありませんか?

でも花火大会って人が多くて、行くだけでも疲れますよね。
私も花火は好きなのですが、人込み苦手で、いかに楽に行く方法をいつも考えています。

この記事では、福岡県の筑後市で行われる『筑後船小屋花火大会』への行き方を紹介します!

ぜひ参考してください!

スポンサーリンク

筑後船小屋花火大会とは

福岡県筑後市で毎年7月(2019年から9月に変更)に筑後広域公園で行われている花火大会です!
この花火大会の目玉は、『花火の近さ 』『音楽に合わせた花火 』です!
そして、サプライズでのプロポーズを花火で応援する『プロポーズ大作戦』です!
花火の前にも、ステージ上ではイベントも行われていす。

福岡の他の花火大会に比べ人も少なく、
他の花火よりも近くで楽しめるので、かなり穴場の花火大会だと思います!

スポンサーリンク

九州新幹線日帰り2枚切符がお得!

もし博多から筑後船小屋へ行く場合は『新幹線』が断然お得です!

新幹線ってもの凄く高いイメージありませんか?
旅行の時以外で使うことはないかもしれません。

しかし、
博多~筑後船小屋間には『九州新幹線日帰り2枚切符』というお得な切符があるのです!
この切符は『日帰り』、つまり当日中に往復すれば安くなる切符です!

料金は在来線のたった1.5倍!

『九州新幹線日帰り2枚切符』の良い所は、まず料金が安いことです!
在来線と新幹線の普通の2枚切符とと料金を比較してみます!

普通の新幹線の場合は往復『4,120円』で日帰り2枚切符は『3,300円』で、2/3の値段になっていることがわかります!

「まぁ元々新幹線の値段が高いから、いくら2/3の値段でも高いなー」

と思った人!見て下さい!
在来線で行っても往復『2,200円』もかかるのです!
つまり在来線の1.5倍の料金を出せば、新幹線に乗れるのです!

所要時間が半分!

次の所要時間を比較してみましょう!

新幹線は『24分』、在来線は『52分』です!
料金は1.5倍でしたが、所要時間は半分になります!

高確率で座ることが出来る!

最後のお得な理由は『高確率で座れることが出来る!』からです!

在来線はもう激込みです!東京の朝の通勤電車の様に激込みです!
しかもその状態で50分も乗っていけないといけないです。。。

しかし、新幹線は全然空いてます!
日帰り2枚切符は自由席ですが、正直座れなかったことはないです!

もし座れなかった場合でも、24分なので、立っておいてもそこまできつくない時間です!

料金と所要時間の比較表

料金と所要時間についてまとめました

まとめ

いかがでしたでしょうか。

せっかく楽しい花火大会に行ったのに、帰りにきつい思いをするのは避けたいですよね?
少しのお金を追加することで、在来線の数倍快適な新幹線に乗ることが出来ます!

料金が1.5倍で、所要時間は半分になるので『コスパは最強!』ではないでしょうか?

ぜひ、筑後船小屋花火大会に行く際には『九州新幹線日帰り2枚切符』の利用をおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました