大阪の陣の出城『真田丸』の場所!大阪の『三光神社』!

三光神社アイキャッチ画像大阪
スポンサーリンク

現在、新型コロナの影響により閉館など入場規制になっている観光施設が多くあります。
正しい情報は、各観光施設の公式HPをご覧下さい。

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。(東京発着以外)
しかし、まだコロナが終息した訳ではなく油断できない状況です。

旅行に行く際には、国道交通省の発表した「新しい旅のエチケット」を守りながら旅行をする様にお願い致します。

皆さん!

『真田幸村』をご存じでしょうか?
「徳川家康」が豊臣氏を滅ぼした「大阪冬の陣・夏の陣」で豊臣側で活躍した戦国武将です!

2016年の大河ドラマの主人公にも抜擢され話題になりました!
その真田幸村の代名詞となっているのが「大阪冬の陣・夏の陣」で活躍した『真田丸』です!
そして真田丸があったと言われている場所が『三光神社(さんこうじんじゃ)』と言われています!

この記事では『三光神社』について紹介します!

旅行日付は2019年7月21日です。
この記事の情報は旅行当時のものであり、現在では変更されている可能性があります。
訪れる際にはご注意ください。
スポンサーリンク

三光神社とは

三光神社

大阪府大阪市天王寺区玉造本町にある神社で、大阪七福神のひとつでもあります。
最寄り駅は大阪環状線の「玉造駅」と地下鉄の「玉造駅」になります。

スポンサーリンク

真田幸村とは

真田幸村像

真田幸村とは、戦国時代に活躍した信濃の国(現在の長野県)の武将です。
幸村は「武田信玄」の家臣である「真田昌幸」の次男として生まれました。

織田信長家臣時代

武田信玄の死後、これからは織田信長の時代だと読んだ昌幸は、織田信長の家臣になるのですが、本能寺の変で織田信長は明智光秀に殺されてしまいます。
結局、主君を失った真田氏は、豊臣家の家臣となることになりました。

豊臣秀吉家臣時代

真田氏が豊臣家の家臣となったことにより、幸村は豊臣家に人質として出されることになりました。そこで幸村は豊臣秀吉に出会い、豊臣家の馬廻衆として大阪で暮らしていそうです。
秀吉の家臣時代に、幸村は大谷吉継の娘「竹林院」を正室に迎えます。

しかし、豊臣秀吉が寿命により亡くなります。
これにより真田家の運命は大きく動くことになります。

秀吉が死んだことにより、徳川家康が頭角を現してきました。
それをよく思わない豊臣家の家臣である「石田三成」「大谷吉継」は、家康討伐に向けて動き出します。そして歴史上で天下分け目の決戦と呼ばれる「関ヶ原の戦い」が勃発するのです。

この時、真田家は、なんと昌幸幸村豊臣側、長男である信之徳川側について、どちらが勝っても真田家が生き残る道を選択したのです。

そして関ヶ原の戦いは、たったの1日で終結したと言われています。
皆さんご存じの通り『徳川家康』が勝利し、江戸幕府を開くことになるのです。

豊臣側の家臣などは、その罪を問われ切腹や斬首により、制裁を加えられました。
しかし、豊臣側についていた昌幸と幸村は、信之の進言もあり、死罪を免れ、九度山(和歌山県)へ流罪となりました。

九度山時代

1600年の関ヶ原の戦いの後、九度山へ流罪となった昌幸と幸村は、そのまま14年も九度山で過ごすことになりました。その間に昌幸は亡くなってしまい、幸村も出家をして俗世とは関係を断つこととなったそうです。

しかし、1614年に徳川家と豊臣家の関係が悪化してします。
この時の、豊臣家の当主が秀吉の跡取りである「豊臣秀頼」です。

徳川家康は、関ヶ原の戦いの後、豊臣家を特別視していなかったのですが、
成長した豊臣秀頼と二条城で面会した時に、豊臣家を滅ぼす事を決めたと言われています。

そして真田幸村の最期の決戦となる『大阪冬の陣・夏の陣』へと時代は進んで行きます。

豊臣秀頼家臣時代

豊臣家が滅ぼされるかもしれないと聞いた幸村は、豊臣家を救う為、豊臣家の城である「大阪城」へ入城し、徳川家康と戦うことを決めるのです。

そして「大阪冬の陣・夏の陣」で、幸村は討死し、豊臣家も滅ばされてしますのです。

なぜゆかりの地と言われるのか?

この三光神社は『真田幸村のゆかりの地』と言われています!
その理由は、大阪冬の陣・夏の陣で活躍した『真田丸』があったと言われているからです!

三光神社内の真田丸旗

境内には『眞田丸』の旗や、家紋である『六連銭 』が掲げられています。

真田丸とは

『真田丸』とは、大阪冬の陣・夏の陣で真田幸村が気付いた出城です。

では、そもそも『大阪冬の陣・夏の陣』とはどういう戦だったのでしょうか?

大阪冬の陣・夏の陣は、 1614年、1615年に勃発した「徳川家康」が「豊臣家(豊臣秀頼)」を滅ぼした戦いです。

『真田幸村』は、豊臣側の総大将を担ったのです。

真田幸村像のアップ

『真田幸村』は、豊臣側の総大将として、
徳川家を倒すための秘策として『真田丸』を築城するのです!

その場所が、ここ『三光神社』と言われています!

大阪城までの抜け穴?

大阪城への抜け穴

三光神社には、大阪城までの抜け穴があると言われています。
入口には真田の家紋「六連銭」が掲げられています。

もしこの抜け穴が本当に大阪城まで繋がっていると面白いですね!
大阪冬の陣・夏の陣から約400年経っても未だに謎が残ってるんですね。
この抜け穴は扉が開けられて公開されることもあるらしいので、是非行ってみて下さい!

アクセス

大阪環状線 玉造駅から徒歩5分

おすすめな人

※気になる画像をクリック!おすすめ記事をまとめてます!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

真田丸があった場所と言われている「三光神社」

現在は『真田幸村』の銅像が飾られていて、当時の様子を思い起こさせてくれます。
ぜひ三光神社に行く際には、大河ドラマ「真田丸」を見てから行くことをおすすめします!

歴史を知って、さらに観光地を楽しむ事をおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました